« 超ひさびさにらーめんみやび | トップページ | 和食さとのさとバルで昼呑み »

2019年2月11日 (月)

直心房 さいき

2月5日(火)

この日の夜は、会社の同僚と東山区の直心房 さいきで夕食をいただいた。
 
190205祇園、八坂神社から南に下って路地を入ったところにある京料理のお店。以前にはミシュランで星が付いていたこともあるお店で、一度行ってみたいと思っていたところ。
 
190205_2 190205_2_2
いただいたのは16,200円のコース。先付けはあまり憶えていないのだが、すっぽんのスープだったかと・・・。お凌ぎは春らしく、筍、タラの芽に餅米をつかったお稲荷さん。中には蛤で、蛤のスープに浸されている。山椒とともにいただくこのお稲荷さんが絶品で、これがこの日一番。いやー、お酒がすすむ。
 
190205_6 190205_2_3
お造りはぶり、まぐろ、甘鯛で、ぶりは皮が炙ってあって、甘鯛はお酒で〆てある。普通の醤油でいただくのではなく、自家製の海苔の佃煮とぽん酢でいただく。これがまた美味しいのだ。
 
190205_3 190205_4
お次は猪鍋で、白味噌&酒粕ベースの鍋に炙った猪肉が激旨!八寸は鰯や黒豆など節分仕様。ますますお酒がすすむ。
 
190205_5 190205_7
焼物はまながつおで、きんかんも美味しい!なにの子か憶えてないが昆布巻もついてきた。おいしくてお酒がさらにすすんで、このあたりで焼酎にチェンジ。椀物はなんだったかよく憶えてないが、わさびの下は菜っ葉だったような・・・。
 
190205_8 190205_2_4
〆は蟹と筍の炊き込みごはんで、これがまた美味しい!お漬物やお吸い物もおいしくて何杯もおかわり。けっこう量があって食べきれない分は折り詰めに。
 
190205_10デザートも甘すぎず、甘いもの苦手なわたしでも食べられる。
 
さすがにお腹いっぱいで、どの料理もおいしくて大満足。ちょくちょく行けるようなお値段ではないのだが、とっても美味しいのでまた行きたいなぁ。

|

« 超ひさびさにらーめんみやび | トップページ | 和食さとのさとバルで昼呑み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 直心房 さいき:

« 超ひさびさにらーめんみやび | トップページ | 和食さとのさとバルで昼呑み »