« 麺屋 裕に移転後初めて | トップページ | 今年初めてのパクチー丸太町 »

2019年2月19日 (火)

『宵山万華鏡』(森見登美彦)

森見登美彦の『宵山万華鏡』を読んだ。

祇園祭の宵山で起こる不思議なおはなしを語る連作短編集。タイトル通り万華鏡のような宵山の夜を描く作品で、なかなか巧い展開で語られる。楽しさとちょっとした怖さと不思議なふわふわ感とが混ざり合ったおはなし。森見ワールド全開で、なんだかよくわからないながら、楽しく読める作品だ。

|

« 麺屋 裕に移転後初めて | トップページ | 今年初めてのパクチー丸太町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『宵山万華鏡』(森見登美彦):

« 麺屋 裕に移転後初めて | トップページ | 今年初めてのパクチー丸太町 »