« 喫茶茶の間 | トップページ | 数年ぶりに歯医者へ »

2019年1月25日 (金)

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(東野圭吾)

東野圭吾の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を読んだ。直木賞作家が描く中央公論文芸賞受賞作。

タイトル通り、ナミヤ雑貨店という地方都市の住宅街にある雑貨店で起きる奇蹟の物語。噂にまでなった悩み相談に答える雑貨店、店主はその相談に真剣に答えていくのだが・・・。いくつかのエピソードが描かれているのだが、それぞれのエピソードがつながっていてそうくるかって展開。最後のオチも秀逸。あまりの面白さに、ページをめくる手を止められず一気に読了。
いやー、もうね、読んでの感想は「巧い!」としか出てこない。さすがに当代きっての人気作家だ。こりゃ読まないと損する作品、見事なエンターテインメントだ。

|

« 喫茶茶の間 | トップページ | 数年ぶりに歯医者へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(東野圭吾):

« 喫茶茶の間 | トップページ | 数年ぶりに歯医者へ »