« 『代償』(伊岡瞬) | トップページ | ボヘミアン・ラプソディー »

2019年1月17日 (木)

京都一の傳本店

1月6日(日)

 
この日は嫁さんと2人でお出かけ。ランチは中京区の京都一の傳本店でいただいた。
 
190106 190106_2
柳馬場蛸薬師を下った東側にある西京漬けのお店。1階が売店で、2階で食事ができる。以前から行ってみたかったお店で、本当は年末に行きたかったのだが、予約が取れず年明けになってしまった。
 
190106_3 190106_4
料理は今月の御膳3,850円(税込)のみ。写真左は季節の前菜盛り合わせ。正確には憶えていないが、左からあん肝、いくら寿司、黒豆の真薯、きんかん、海老旨煮、なめ茸となにかのお浸し、鰆のお造り。これがどれもおいしくて日本酒飲まずにはいられない。お酒は佐々木酒造の西陣の一択。
 
190106_5 190106_6
淀大根と笹かれいの椀蓮根餅の蟹餡かけもおいしくてお酒をおかわり。
 
190106_7 190106_2_2
メインは銀だらの蔵みそ焼。西京焼きの専門店なのでおいしくないわけがない、激旨!
 
190106_8 190106_9
土釜炊きのふっくらご飯はひとりあたりお茶碗2杯分あって、こちらも美味しい!お漬物もおいしくてペロリと食べられる。
 
190106_10デザートは花びら餅。いやー、ホントにおいしくていうことなし。こりゃまた行かないといけないお店だ。

|

« 『代償』(伊岡瞬) | トップページ | ボヘミアン・ラプソディー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都一の傳本店:

« 『代償』(伊岡瞬) | トップページ | ボヘミアン・ラプソディー »