« 水月亭 | トップページ | 超ひさびさに双鈴ゴルフクラブ土山コース »

2018年12月28日 (金)

『虐殺器官』(伊藤計劃)

伊藤計劃の『虐殺器官』を読んだ。評価の高いSF作品なので読んでみた。

近未来が舞台、米軍の暗殺部隊に所属する主人公は、各国で起こる虐殺にかかわっていると思われる男を追いかけるのだが・・・。
ストーリー自体は単純なのだが、主人公の内面を描くことや、哲学的なやり取りにスペースを割いていて冗長な感は否めない。虐殺は言葉によって起こるというアイディアが面白いが、ラストの展開にひねりもなくて・・・。アマゾンのレビューをみても絶賛の嵐だが、わたしには喰い足りない印象、正直ちと残念だ。文庫本なのに文庫本カバーに収まらない中途半端なサイズも許せない。早川書房に強く抗議する!

|

« 水月亭 | トップページ | 超ひさびさに双鈴ゴルフクラブ土山コース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『虐殺器官』(伊藤計劃):

« 水月亭 | トップページ | 超ひさびさに双鈴ゴルフクラブ土山コース »