« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月31日 (水)

京都中之光庵ふたたび

10月17日(水)

CHIERiYAでバインミーを買ったあとは、下京区の京都中之光庵でランチをいただいた。
 
181017 寺町仏光寺を下った西側にあるお蕎麦屋さんで、前回は昨年の大晦日。
 
181017_3 181017_2_2
前回けっこうよかったのでまた行きたいと思っていたのだが、なかなか行けずにひさびさになってしまった。
 
181017_4 181017_5
本日の日本酒450円雨後の月。こりゃイケる。ニシンとゴボウの山椒煮(小)460円がアテにピッタリでイイ。 
 
181017_6 181017_7
お酒をおかわりして、前回もいただいた甘海老の唐揚げ~黒七味和え~650円をいただく。やはり美味しい、ちと七味が辛いけど・・・。せいろ850円で〆。
 
値段はすべて税別。〆て3千円チョイ。おいしいアテにそば前を楽しめてこの値段なら、もう少し頻繁に行きたいところ。また行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

ひさびさのCHIERiYAでバインミーを購入

10月17日(水)

細見美術館をあとにすると、同じ左京区のCHIERiYAでバインミーを購入。
 
160524chieriya 181017chieriya
前回はなんと2年以上前!ファサードは撮り忘れで前回のものを流用。
 
181017chieriya_2いつも通り豚レバーパテのバインミー500円(税込)を買って家に帰ってからいただいた。やっぱり美味しい!ひとつひとつの具材がそれぞれおいしくて、そのハーモニーがいいねぇ。ひさびさになってしまったが、たまには食べないといけないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

「描かれた「わらい」と「こわい」展 ─ 春画・妖怪画の世界 ─」細見美術館

10月17日(水)

この日は朝から左京区の細見美術館へ。
 
181017 181017_2
「描かれた「わらい」と「こわい」展 ─ 春画・妖怪画の世界 ─」を観た。タイトル通り春画や妖怪画を集めた展示。北斎とか春信とか観応えある作品もあり、それなりに楽しく観られる。展示点数が少ないのと、展示内容が小粒な印象でちと残念。
181017_2入館料は大人1,500円。わたしこの美術館は初めてだったのだが、老眼がすすんだわたしにはけっこう観づらい展示。さらに規模のわりに多い職員(監視員?)の歩き回る靴音がうるさくて・・・、印象よくない美術館だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月28日 (日)

『もっと!仏像に恋して』(真船きょうこ)

真船きょうこの『もっと!仏像に恋して』を読んだ。仏像コミック『仏像に恋して』の続編。

 
今回は京都、奈良、インド、大分、福島の仏像を巡るお話し。楽しく読める作品で、仏像を観に行きたくなるなぁ。特に大分は20年くらい前に行ったのだが、また行きたいねぇ。続編があるならまた読みたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月27日 (土)

一本槍

10月16日(火)

この日の夜は会社の宴会。場所は伏見区の一本槍
 
181016_3西浦町にあるふぐ料理のお店。ファサード撮り忘れたので箸袋で。
 
181016_4いただいたのはBコース8,900円(税込)
 
181016_5 181016_6
選択制の生ものはてっさとぶつの半々をチョイス。けっこうなボリューム。焼きふぐはピリ辛の味付けでこちらもなかなかなボリューム。
 
181016_7 181016_8
てっちりと雑炊で〆。けっこうボリューム有り、が味は正直いまひとつで値段なり。
 
そんなに高くなくボリュームもあるのだが、特別美味しいわけでもなく、わざわざ行くほどではないなぁ。もう行くことはないかなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月26日 (金)

今月もつけ麺きらりへ

10月15日(月)

この日のランチは伏見区のつけ麺きらりでいただいた。京阪中書島駅近く、竹田街道沿いにある人気のラーメン屋さん。
 
181015前回はちょうどひと月ほど前で、待ちの列がなかったので突撃。
 
181015_2 181015_2_2
いつも同様塩とんらぁめん(大)750円をいただいた。ここではほぼこれ一択。トッピングはスパイシーな叉焼3枚にメンマ、味玉、ネギ。ドロッとしながらもあっさりなスープに中太でやや平打ち麺はやはり美味しい。しっかりボリュームもあって食べ応えあり。
いつも待ちが多くてなかなか行けないのだが、珍しくすいていてラッキー。これぐらいのペースで行けると嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月25日 (木)

ひさびさににこみ屋六軒

10月13日(土)

この日の夜はひさびさに下京区のにこみ屋六軒で一杯。
 
181013 五条通りから高瀬川沿いに下がって少し鴨川方面に入ったところにある人気の居酒屋さん。前回は1月のKの送別会。
 
181013_2 181013_3
食べたいメニュが多くて迷うところ。
 
181013_4 181013_5
まずは生ビールとともに牛もつ煮500円をいただく。美味しいねぇ。
 
181013_6 181013_7
速攻で日本酒にチェンジ。煮込みはこんにゃく120円たまご120円大根180円をいただく。大根はもう少し煮込んでほしいところだが、やはり美味しい。つぶ貝うま煮500円は量が少なくて半額での提供。わたし一人なのでこれぐらいで充分、これも美味しい!!
 
日本酒2杯で〆て3,000円弱。安くておいしくて、やはりたまには行きたいお店だ。ここまで書いて、かす汁を食べるの忘れてたことに気づいた。次回は必ずいただくこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

梅宮大社

10月12日(金)

とり伊でのランチのあとは右京区の梅宮大社に立ち寄った。実は初めての訪問。 
 
181012 181012_2
楼門はけっこう大きくて立派。祭神は酒造の神様のようで、楼門にも酒樽が・・・。
 
181012_3 181012_4
楼門は瓦葺、拝殿は銅板葺、拝所・本殿は檜皮葺と統一性はない。境内もそんなに広くはなく、見どころも特になく・・・。参拝用の駐車場があるのが嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月23日 (火)

とり伊

10月12日(金)

 

 

 

この日のランチは下京区のとり伊でいただいた。

 

 

 

181012 181012_2

 

四条猪熊を下った西側にある水炊きや鶏すきのお店で、親子丼が名物みたい。

 

 

 

181012_3 181012_2_2

 

いただいたのはもちろん親子丼690円(税込)。たくあんと鶏ガラスープ付き。色からして濃厚な卵がのっている。つぶして食べたらうまー、柔らかい鶏肉がしっかりあって食べ応えあり。わたしにはやや濃いめの味付けだが、この値段なら悪くはない。わざわざ行くほどではないものの、まずまずおいしくて近くに行くことがあれば立ち寄ってもいいかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

ひさびさにドット・ギャン

10月11日(木)

 
この日のランチは右京区のドット・ギャンでいただいた。四条佐井西通を西に入った北側にある馬肉料理のお店。
 
181011_2前回は半年ちょっと前で久しぶりの訪問。
 
181011_3 181011_2_2
いただいたのは日替り定食864円(税込)。この日のメインは馬肉のサイコロステーキ。サラダを含めて小鉢料理が6鉢とご飯付き。火を入れた馬肉はややかためでちと残念だが、サラダなど小鉢料理もおいしくて、ボリュームもあって食べ応えあり。この値段ならまずまず満足できる。また行かないといけないお店だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

清涼寺

10月10日(水)

 
洋食西原でのランチのあとは、雨の中同じ右京区の清涼寺へ。
 
181010_11 181010_12
嵯峨釈迦堂ともよばれるお寺で、写真左は威風堂々仁王門で右は本堂。本堂の本尊釈迦如来立像は国宝。
181010 181010_2
本堂から大方丈に向かう渡り廊下の先は庭園と弁天堂。右は大方丈の枯山水庭園。
 
181010_3 181010_4
境内には多宝塔もあり。右は霊宝館で、やはり国宝の阿弥陀三尊像ほか観応えある展示物が陳列されている。
 
本堂の釈迦如来立像は毎月8日と4月・5月・10月・11月のみ開扉。霊宝館も4月・5月・10月・11月のみ開館、というわけで行くなら春か秋しかない。本堂拝観料は大人400円、霊宝館入館料は大人400円、共通券は大人700円。本堂内と霊宝館内は写真撮影不可。
雨がきつく境内をゆっくりまわれなかったのが残念だったが、本堂の釈迦如来立像、霊宝館の阿弥陀三尊像ともに美しくて観る価値あり。特に阿弥陀三尊像はいつまでも観ていたい美しさ。春秋限定にはなるが、嵯峨・嵐山に行くなら立ち寄らないといけないお寺で、仏像好きにオススメだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

ひさびさの洋食西原

10月10日(水)

 
この日はひとり電車で嵯峨へお出かけ。ランチをいただいたのは右京区の洋食西原
 
181010_2前回は今年の正月でひさびさ。嵯峨嵐山駅から丸太町通に出て西に進んだ南側にあるはずの店が、丸太町通をはさんだ北側に移転していてびっくり。
 
181010_3 181010_4
いただいたのはコースA1,400円(税別)。白ワインでスタートで、生ハムのサラダをいただく。
 
181010_5 181010_6
お決まりのバゲットと大葉のソースはおかわりしたいくらい美味しい。サツマイモのスープも美味しいねぇ。
 
181010_8メインに合わせて赤ワインにチェンジ。
 
181010_9 181010_2_2
メインは養老豚のステーキをチョイス。これもしっかり美味しい。ご飯、漬物、甜茶のふりかけ付きでいずれも美味しい。やはりリーズナブルでおいしくて、また行かないといけないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

おおさか屋

10月9日(火)

 
この日のランチは伏見区のおおさか屋でいただいた。
 
181009 181009_2
墨染通と師団街道の交差点を東へ入った南側にある魚屋さんで、その一角が食堂になっている。舞鶴直送の魚を売ってる魚屋さん。
 
181009_3 181009_2_2
いただいたのは日替り定食700円(税込)。メインは子持ちカレイの煮付けをチョイス。小鉢3品に漬物とみそ汁が付く。子たっぷりのカレイはとっても美味しい。小鉢を含めて家庭的な味付けでどれも美味しい。通いたいお店だ。日替り定食のメインはどれもおいしそうで悩んだのだが、今度は違うのを食べてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

『ロードムービー』(辻村深月)

辻村深月の『ロードムービー』を読んだ。5篇の短編を収めた短篇集。

 
収録されているのは、「街灯」、「ロードムービー」、「道の先」、「トーキョー語り」、「雪の降る道」。
 
超短編の「街灯」を除くと、地方が舞台で小学生・中学生・高校生が中心のお話し。いずれも読み易くてすいすいと読めるのだが、あんまり印象に残らない。それなりに楽しめるのだが、絶賛するほどではなかった。ちと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

愛車の売却と車を持たない選択

10月8日(月)

 
この日、約9年乗ってきた愛車を売却。車検を前に売却することは以前から決めていた。
 
181008_13 181008_14
ほとんど仕事で使っていて、あまり遠出はしなかったけれど、14万4千kmオーバーとよく走ってくれた。燃費も悪くないし、まだまだ走れるのだが、維持費とのバランスを勘案したうえで車を所有しないことを選択した。手放すことは決めていたので、天川、祖谷、伊勢、伊根とドライブを楽しんだ。一括査定サイトで査定依頼して一番高い値段をつけてくれたところに売却した。値段がつかないところもあって、値段がつけばいいかなぁくらいだったのだが、まぁまぁの値段がついたのでよかった。
18歳で免許をとってからずっと車を所有してきたが、ついに持たない生活に突入。毎月の駐車場代、毎年の自動車税と保険料、2年に一度の車検に重量税、日々のガソリン代、これらから解放されると思うと嬉しい。すぐに車に乗れない不便さはあるとは思うが、経済的なメリットは大きいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

太郎坊宮

10月8日(月)

 
はま寿司でのランチのあとは太郎坊宮(阿賀神社)へ参拝。昔から八日市へは度々訪れているのだが、こちらへは初めて。
 
181008_8 181008_9
山中にある神社で、下から歩いて上るのも可能だが、中腹にある参集殿の下まで車で行くことができるのでそちらを選択。それでも急な階段はけっこうきつい。
 
181008_10 181008_11
上まであがると夫婦岩と呼ばれる岩があり、そこを抜けると本殿がある。本殿は意外と小さい。
 
181008_12
本殿前からは八日市の街と田園地帯が望める。さすがに高いところへ上ってきたので眺望よし。
祝日のためか意外にも参拝客多くてびっくり。参道の急で長い階段はきついが、この景色が観られるなら昇る価値ありだ。ちなみに、この神社、勝運の神様だとのこと。ご利益があることを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

はま寿司 東近江八日市店

10月8日(月)

この日は仕事で滋賀県東近江市へ。ランチをいただいたのははま寿司東近江八日市店。
 
181008低価格回転寿司のお店で、実はわたし、はま寿司は初めて。近所にないので・・・。この日は祝日のため一皿100円だったが、平日は一皿90円なんだとか。
 
181008_2 181008_3
181008_4 181008_5
181008_6 181008_7
いただいたのは、やりいかゆず塩赤貝えんがわはまちつぶ貝。やや甘めの酢飯はわたしの好みで美味しい!近所にあれば頻繁に通うのになぁ・・・。ネタはやりいかがおいしかった。どこかでまた行くだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

『鏡の法則』(野口嘉則)

野口嘉則の『鏡の法則』を読んだ。

 
「人生は自分の心を映し出す鏡」というのがこの作品のアプローチ。ここに描かれた物語はけっこう極端であるが、なるほど納得できるおはなし。「ゆるし」っていうのがわたしにはわかりづらいのだが、感謝とそれを言葉で表すことの重要性がすごくよくわかる作品だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

Bistro四川食堂

10月7日(日)

 
この日のランチは伏見区のBistro四川食堂でいただいた。
 
181007bistro 181007bistro_2
近鉄伏見駅の南側に最近できたらしい四川料理のお店で、以前はラーメン屋さんだったところ。
 
181007bistro_3 181007bistro_4
いただいたのはランチメニュから四川の麻婆豆腐セット950円(税込)。前菜三品とスープとご飯のセット。土鍋に入った麻婆豆腐はグツグツの状態でやけどしそう。花椒が効いているのか、しっかり汗をかける辛さで汗だくに・・・。辛さはわたし向きだが、わたしとしてはもう少し旨味を感じられる系が好みで、ちと喰い足りない気分。
日替わりランチもあってけっこうボリュームあり、次はそれをいただいてみたい。夜にはいろんなメニュがあるようで、夜にも行ってみたいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

『キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え!』(田村潤)

田村潤の『キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え!』を読んだ。 

 
アサヒの後塵を拝していたキリンが、高知支店の成功例をもとにトップシェア奪還するまでを、現場を指揮していた筆者が著した作品。なるほど、参考になる部分も多く読む価値あり。ただ、ちと手前味噌なところもあって、ビジネス書として読むよりも読み物として楽しめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

超ひさびさに麺屋猪一へ

10月4日(木)

 
この日のランチは下京区の麺屋猪一でいただいた。
 
181004 行列必死のお店で敬遠していたのだが、オープン直後で待ちがなかったので超ひさびさの訪問(少し待ったが・・・)。前回は3年近く前。
 
181004_2 181004_2_2
いただいたのは支那そば白900円(税込)。久々に来るとしっかり値上げされている。昆布出汁がきいたスープがおいしくて飲み干す旨さ。トッピングは叉焼、メンマ、味玉、ねぎ、海苔。麺は細めのストレートでやや柔らかめ。
やはり美味しいねぇ。柔らかい麺がやや残念だが、昆布の旨さがガツンとくるスープが絶品で、並んでも食べたい美味しさだ。メニュも変わってたりするので、また行かないといけない。
 
181004_3店を出るとき(12時くらい)にはやはり待ちの列ができていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

Bistro 仏男 フレンチマン

10月3日(水)

 
この日は下京区のBistro 仏男 フレンチマンで嫁さんと二人で夕食。
 
181003bistro_2七条東洞院下る西側のビルの2階にあるビストロで、以前から気になっていたお店。何度かチャレンジするもなかなか予約がとれなかったのだが、ようやく予約がとれた。
 
181003bistro_3 181003bistro_4
白ワインとサングリアでスタート。
 
181003bistro_3_2 181003bistro_5
前菜3種盛り980円プロバンス風和牛トリッパ880円。トリッパは美味しいね。
 
181003bistro_6 181003bistro_50g
速攻で赤ワインにチェンジ。ローストビーフは量り売りで50g1,280円。写真は50gで4切れ。けっこう脂身があって、まずまず美味しい。
 
181003bistro_7 181003bistro_8
鮮魚のブイヤベース1,680円は正直もうひとつ。〆の小エビのクリームパスタはおいしくてお腹いっぱい。
二人でワイン×3、サングリア×1、ハイボール×2を飲んで〆て1万円ちょっと。高くはないし、料理提供のタイミングはいいし、それぞれの料理はまずまず美味しいし人気なのはわかる。が、何故か満足感低め。嫁さんも同評価で、私たち向きではないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

かつや10回目

10月2日(火)

 
この日ランチをいただいたのは伏見区のかつや京都新堀川店
 
181002_2 前回はひと月ほど前。
 
181002_3 いただいたのはソースかつ丼(梅)529円(税込)。前回いただいた割引券で100円引き。ウスターソースベースのたれは悪くない。まずまずの味でこの値段ならいいよねぇ。次は定食メニュを試してみようかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

最近は空いている 陽はまた昇る

10月1日(月)

 
この日のランチは伏見区の陽はまた昇るでいただいた。
 
181001 伏見稲荷近くの師団街道沿いにある人気のラーメン屋さんで、前回 は3ヶ月ほど前。
 
181001_2 181001_2_2
いただいたのは、いつもと同じく魚鶏豚骨750円(税込)。前回いただいた券で大に増量。トッピングは変わりなく、この日はレア叉焼は2枚、味玉、メンマ、海苔、ねぎ。中太のやや平打ちの麺もいつも通り。スープも美味しい!
 
この日はちょうどお昼にもかかわらず待ちなし、どころかけっこう空いていた。最近はこんなことが多くて・・・。行きやすくなっていいけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

Chang-Noi

9月30日(日)

 
大型台風がやってくるこの日のランチは左京区のChang-Noiでいただいた。
 
180930changnoi 180930changnoi_2
北山通り沿い下鴨中通りを東へ入った北側にあるタイ料理屋さん。店頭のトゥクトゥクがいい感じ。
 
180930changnoi_3 180930changnoi_4
いただいたのはランチセットから鶏肉のグリーンカレーご飯付き1,050円(税込)。セットにすると単品より200円アップで、生春巻き、サラダ、スープ、小鉢2品が付いてお得な感じ。
 
カレーはしっかり汗のかける辛さで美味しい、これぞグリーンカレーなお味。わたしとしてはもう少し辛くてもいいかなぁ。生春巻きは激旨。
まずまずおいしくて、タイ料理を満喫できる。他にも食べてみたいメニュも多くてまた行きたいところ。駐車場なく、立地的にもわたしにはちょっと行きにくいのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

超ひさびさに元亀へ

9月27日(木)

 
この日のランチは左京区の元亀でいただいた。
 
180927 一乗寺の東大路に面した天丼専門店で前回はなんと5年近く前、ずいぶんとひさびさ。
 
180927_2_3いろんなメニュがあって目移りするのだが、いただいたのはオーソドックスな海老天丼880円。お味噌汁が付いている。普通においしくて悪くはない。ただわたしには行きにくい立地でわざわざ行くほどでは・・・。近くに行くことがあれば今度は違うメニュを食べてみたいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

五十にして天命を知るはずだが・・・

ついに大台を迎えて五十歳になった。見事に白髪のおっさんになった。

孔子によると四十にして惑わず、五十にして天命を知るはずなのだが、いまだに惑いっぱなしで天命を知ることのない人生、年だけとるが成長がないのは残念だ。
 
還暦までのあと十年を素晴らしいものにしようといま決めた。楽しく充実した日々を過ごしていきたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 4日 (木)

『心が折れる職場』(見波利幸)

見波利幸の『心が折れる職場』を読んだ。

 
どんな職場、どんな上司の元で心が折れるのかを分かりやすく解説している。なるほどなぁ。後半は不調者を出さないためには、不調者の復帰のためには、が書かれているのだが、もうひとつ納得できないところもあって・・・。
 
どうゆう言動が部下の心を折るのかがよくわかる作品で、人の上に立つ人は読んでおいても損はない。わたしもこれを生かさないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

宇川温泉よし野の里

9月26日(水)

 
経ヶ岬をあとにして向かったのが、同じ京丹後市にある宇川温泉よし野の里。宿泊施設もある日帰り温泉施設。
 
180926 180926_2
海の温泉「竜宮」と山の温泉「香具夜」があってこの日は「竜宮」が男湯。 
広い内湯にはやや温めの浴槽と熱めの浴槽とが有り。露天スペースにもいくつかの浴槽あり。いずれも日本海を観ながらお湯に浸かってまったりできる。お湯は無色・透明・無味・無臭で特別な浴感もない。さっぱりしたお湯。一部で加温あり・循環ろ過あり・塩素消毒ありで、正直温泉本来のポテンシャルが伝わらず残念。浴場の写真は撮れないので上記のリンクで観てください。
 
大人600円だが、この日はメンズデイとかで、男性は200円引きの400円。ラッキー!脱衣所手前に100円投入・返還式のロッカーがあるのでこちらに貴重品を入れる。脱衣所には脱衣かごしかない。シャンプー・ソープあり。湯上りの休憩所あり。
 
お湯はいまひとつでわざわざ行くほどでもないが、海を観ながらまったりできるので、近くに行ったときは立ち寄ってもいいかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

経ヶ岬灯台

9月26日(水)

 
伊根の街をあとにして向かったのが京丹後市の経ヶ岬。丹後半島の先端にある岬で灯台もある。
 
180926 1809262
写真左は駐車場から観る灯台。けっこう山の上にある。駐車場からは400mの距離。山を登る400mはけっこうきついので迷ったのだが、せっかくなので登ってみた。
 
1809263 1809264
ハァハァ息を切らせて到着したところには、なかなかに美しい灯台。いまどき灯台守なんていないのね。
 
180926_2 180926_3
灯台からは日本海の水平線と、美しいリアス式海岸が望めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

伊根の街と伊根湾めぐり

9月26日(水)

 
レストラン舟屋の里でのランチのあとは伊根の街をぶらぶら歩く。伊根には約30年ぶり。平日にもかかわらず意外にも観光客が多い。
 
180926_5 180926_6
ひなびた街の中でも向井酒造は人気で客多く、わたしも土産にお酒を購入。伊根のマンホールは舟屋イラスト。
しかし、伊根の街は歩いてもたいして見どころはなく、やはりこの街は海から観るのが一番。というわけで伊根湾めぐりの遊覧船へ。
180926_7 180926_8
大人680円、ツアーの観光バスも多い。右の船で伊勢湾を一周、30分弱の遊覧。
 
180926_9カモメの餌としてかっぱえびせんを購入して持ち込む人が多いのだが・・・。
 
180926_10 1809262_2
投下されるかっぱえびせんを求めてカモメが船のあとを追ってくる。さらに鳶の一群もやってきて、カモメが取ろうとしたかっぱえびせんを横からさらっていく。まさに鳶にかっぱえびせんをさらわれるというのはこのことだ。
 
180926_11 180926_2_3
180926_3_2 180926_4_2
海から観る伊根湾にあるのはこの街の名物の舟屋群。ここ以外ではまず観られない、観応えある風景。
 
180926_5_2 180926_6_2
180926_7_2 180926_8_2
意図した建造物ではなく、そこで生活している普通の家々だというのが特別な雰囲気を生み出しているのかも?
 
180926_9_2 180926_10_2
伊根の舟屋群を海から満喫。陸からだとこの光景はほとんど観ることができないので、この遊覧船は伊根では必須だ。伊根まで来てこの船に乗らないなんてありえない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »