« 阪神VSカープ14回戦at甲子園 | トップページ | 麺屋 極鶏 »

2017年8月 2日 (水)

『暗礁』(黒川博行)

黒川博行の『暗礁』を読んだ。上下巻合わせて800頁を超える長編のエンターテインメント。

なんだかシリーズものっぽいお話だが、前の作品を読んでなくても面白さは変わらない。運送会社の事件にいろんな組織や人間が絡んできて・・・。テンポのいい話の運びと、手に汗握るすごい展開、ヴァイオレンスシーンも多い。さすがに直木賞作家、一気に読ませる。面白く読める作品で、読み応えありだ。

|

« 阪神VSカープ14回戦at甲子園 | トップページ | 麺屋 極鶏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『暗礁』(黒川博行):

« 阪神VSカープ14回戦at甲子園 | トップページ | 麺屋 極鶏 »