« 4年ぶりの博多っ子 | トップページ | まさかの待ち、タイカレーラーメンシャム »

2017年6月27日 (火)

『キッド』(木内一裕)

木内一裕の『キッド』を読んだ。冒険活劇というか、サスペンスアクションというか、ページを繰るのを止められないエンターテインメント。

テンポのいい展開でグイグイと引き込まれていく。作者の巧さがよくあらわれている作品で、一気に読了。手に汗握るような展開でなかなか楽しめる。作者のほかの作品も読んでみたいなぁと思ったねぇ。

|

« 4年ぶりの博多っ子 | トップページ | まさかの待ち、タイカレーラーメンシャム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『キッド』(木内一裕):

« 4年ぶりの博多っ子 | トップページ | まさかの待ち、タイカレーラーメンシャム »