« BOND | トップページ | 味苑 赤池店 »

2017年5月18日 (木)

『ふがいない僕は空を見た』(窪美澄)

窪美澄の『ふがいない僕は空を見た』を読んだ。山本周五郎賞受賞の連作群像劇。

五篇の連作で紡がれる物語。コスプレして不倫をする高校生、その高校生と不倫する不妊治療をするアニオタ主婦、その高校生に恋する同級生の女子、その高校生の親友でボケた祖母の世話をする同級生、助産師でその高校生の母親。それぞれがそれぞれの問題とともに描かれる。

生きることの切なさ、やるせなさを感じさせる作品でなかなかに読み応えあり。読む価値ありだ。

|

« BOND | トップページ | 味苑 赤池店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ふがいない僕は空を見た』(窪美澄):

« BOND | トップページ | 味苑 赤池店 »