« SEIKO CLOCK 電波壁掛け時計 KX397B | トップページ | 本満寺の枝垂れ桜 »

2017年4月 4日 (火)

『悪夢の観覧車』(木下半太)

木下半太の『悪夢の観覧車』を読んだ。コメディタッチのサスペンス・ミステリー。

舞台は大阪・天保山の大型観覧車。観覧車が爆弾魔にジャックされ停止。犯人は身代金を要求。どうやって金を受け取るのか?犯人の狙いは?

軽い文体でスイスイ読める。コメディ作品かと思うような語りだが、なかなかよく練られた作品で、意外な動機と展開に感心する。見事なトリックに脱帽。これは面白い。ちと切ないラストもイイ。ひさびさに楽しめる作品だ。読む価値あるよ。

|

« SEIKO CLOCK 電波壁掛け時計 KX397B | トップページ | 本満寺の枝垂れ桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『悪夢の観覧車』(木下半太):

« SEIKO CLOCK 電波壁掛け時計 KX397B | トップページ | 本満寺の枝垂れ桜 »