« ドイツ旅行5日目と総括 | トップページ | おだしと小麦 一三O »

2016年12月24日 (土)

『アリアドネの弾丸』(海堂尊)

海堂尊の『アリアドネの弾丸』を読んだ。『チーム・バチスタの栄光』の続編の医療ミステリー。

大学病院で起こった変死事件とそれに続く殺人事件。窮地に陥った病院長は・・・。

『チーム・バチスタ―』同様、濃いキャラの登場人物と軽妙な語りで読ませる。骨格は正統派の推理小説で今回も白鳥が名探偵の役どころ。ちと殺人の動機が強引な印象は否めないのだが、やはり楽しく読むことができる。このシリーズいろいろあるみたいなので、また読んでみたいところだ。

|

« ドイツ旅行5日目と総括 | トップページ | おだしと小麦 一三O »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『アリアドネの弾丸』(海堂尊):

« ドイツ旅行5日目と総括 | トップページ | おだしと小麦 一三O »