« 陽はまた昇る、移転後2回目 | トップページ | 食欲の秋 »

2015年11月22日 (日)

『蜩ノ記』(葉室麟)

葉室麟の『蜩ノ記』を読んだ。直木賞受賞の時代小説。

舞台は江戸時代の豊後。時代小説の体だが、ミステリーの要素もあってなかなかに楽しめる。しかし、もっとも惹きつけられるのは、戸田秋谷の清廉な生き方で、周りの人々に影響を与えていく。男たるものこう生きたいものだ、と思える生き方を描いて清々しい読後感。読み応えあり、さすがに直木賞受賞作だ。

|

« 陽はまた昇る、移転後2回目 | トップページ | 食欲の秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『蜩ノ記』(葉室麟):

« 陽はまた昇る、移転後2回目 | トップページ | 食欲の秋 »