« ナイトミュージアム | トップページ | ひさびさにすいそう »

2015年3月27日 (金)

『ジョーカー・ゲーム』(柳広司)

柳広司の『ジョーカー・ゲーム』を読んだ。最近映画化されていたみたい。

時代背景は第2次大戦下、日本陸軍内につくられたスパイ養成機関「D機関」とその卒業生のエピソード5編からなるミステリー作品。

謎解きもしっかりとある、なかなか面白い短編連作。スパイがテーマのお話で、描かれているスパイたちはすごい特殊能力をもっているが、やや超人的に描かれすぎてるんじゃないの?と思うこともしばしば。それでも楽しく読める作品で、続編があるみたいなのでそちらも読んでみたいところ。

|

« ナイトミュージアム | トップページ | ひさびさにすいそう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ジョーカー・ゲーム』(柳広司):

« ナイトミュージアム | トップページ | ひさびさにすいそう »