« 管理業務主任者試験 結果 | トップページ | 『南米取材放浪記 ラティーノ・ラティーノ!』(垣根涼介) »

2015年1月27日 (火)

『水底の森』(柴田よしき)

柴田よしきの『水底の森』を読んだ。上下巻合わせて約900ページの長編ミステリー。

あるアパートの一室で見つかった顔をつぶされた死体。その部屋の借主夫婦は行方が分からず、刑事がその行方を追っていくと・・・。

風子の数奇な運命は凄い。これだけで読む価値はあるとは思うが、意外な真犯人と中途半端なラストは・・・。だれにも感情移入できないし、暴走刑事にいたっては・・・。ちと残念な印象だ。

|

« 管理業務主任者試験 結果 | トップページ | 『南米取材放浪記 ラティーノ・ラティーノ!』(垣根涼介) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『水底の森』(柴田よしき):

« 管理業務主任者試験 結果 | トップページ | 『南米取材放浪記 ラティーノ・ラティーノ!』(垣根涼介) »