« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月30日 (木)

『取り扱い注意』(佐藤正午)

佐藤正午の『取り扱い注意』を読んだ。

県庁職員だった主人公が、県庁を辞めなければならなくなった事件について語っていくお話しだが・・・。

作者お得意の時間軸を行ったり来たりで、読んでる方としては早く顛末を知りたくてまたしても夜更かししてしまった。謎のまま残されている(語られていない)ところもあるのだが、作者らしい作品で、その面白さに一気に読了。続編を作れそうな意味深な終わり方がとっても気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水)

東宝飯店再び

5月19日(日)

この日は出かけた先の長岡京でのランチ、ひさびさに東宝飯店で。前回のエントリはこちら

130519

酢豚定食850円をいただく。写真はピンボケだが、おいしくてボリュームあり。お腹いっぱいで満足。やっぱりたまには行きたいお店だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月28日 (火)

バンコクの屋台

バンコクでは路上に当たり前のように屋台がある。朝からあるところもあれば夕方からでてくるところも・・・。

130517

写真はオーソドックスな鶏肉と魚だが、鶏肉・魚介類・その他いろいろあって目移りする。女学生や制服姿のOLなども普通に買っていく。安くて美味しいから当然だ。中途半端な店に入るよりも屋台で食べる方が美味しくて安いかも・・・、でも外れの屋台もあるので注意が必要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月)

やはりタイ古式マッサージ

バンコクでの楽しみはやはりマッサージ。今回もホテル近く、スクンビット・ソイ22のマッサージ店へ出撃。

130516marlene_massage 130516lek22 130516sirpornmassage

毎日マッサージへ出かけて、どこでも1時間200バーツから300バーツ程度。どの店も外れはなくて、男の子がやってくれた2番目のlek@22が一番気持ちよかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月26日 (日)

ラーン ガイトーン プラトゥーナム

5月17日(金)

この日のランチはカオマンガイが美味しいと評判のラーン ガイトーン プラトゥーナムでとった。

130517s

BTSチットロム駅からラチャダムリ通りを北へ、伊勢丹を横目にセンセーブ運河を越えてヘップリー通りへ。少し東に入った南側にあるお店。店員はみんなピンクの制服でわかりやすい。

130517 130517_2

当然にカオマンガイ40バーツをいただく。何もつけなくてもしっかりした味で美味しい。付き合わせのタレをつけるとさらに美味しい。スープ付きでこの値段はさすがに安い。人気なのもうなずける。昼前の入店にもかかわらず満席で、調理場ではひたすらカオマンガイを盛り付けていた。量はちと少なめで男性なら2人前くらいは軽く食べられるが、この値段でこの味なら何度でも行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月25日 (土)

ソイカウボーイ

5月16日(木)

マンゴ・ツリーでの夕食のあとに向かったのはソイカウボーイ。地下鉄スクンビット駅のすぐ近くにあるゴーゴーバーが並んだ通り。

130516 1305162

有名なバカラで一杯やったが、まるでストリップバーみたい。ビール1本でそんなダンスを観て安上がりだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金)

マンゴ・ツリー

5月16日(木)

この日の夕食はマンゴ・ツリーでとった。タニヤ、パッポンなどの繁華街から比較的近く、シーロム通りとスリウォン通りの間にあるタイ料理のお店。オープンエアーの席で食べたのでけっこう暑かった。

写真がないのが残念だが、どのメニュもそんなにクセがなく食べやすい印象。グリーンカレーなんかも辛さはそんなにきつくなかった。お値段はバンコクの物価からするとけっこう高い。そのためか現地の人はほとんどみられず、日本人や欧米人らしき人が多かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)

クアン・シーフード

5月16日(木)

この日王宮をあとにすると向ったのがクアン・シーフード。BTSビクトリーモニュメント駅のところからランナム通りを東に入ったところにあるシーフードのお店。

130516

冷房のきいた店内で食べられるタイ風中華のお店。

130516_2 130516_3 130516_4

いただいたのは写真の3品。蟹と卵のカレー炒め(プーパッポンカリー)はカレー風味のふわふわ卵が美味しい。カニの身が少ないのが残念だが、とっても美味しい。牡蠣と野菜の卵炒め(オースワン)は小さめの牡蠣がたくさん入ってて、マイルドで美味しい。あさりのピリ辛炒め(?)はけっこう辛いがあとをひくうまさ。

これにビールなどの飲み物を入れて820バーツほど。どの料理も美味しくて、この味と量ならリーズナブルと言ってもいい。大満足のお店だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水)

ワットプラケオと王宮

5月16日(木)

この日チャイナタウンをあとにすると向かったのが王宮。エメラルド仏寺院とも呼ばれるワットプラケオが隣接している、バンコクでも有数の観光名所。欧米人や中国人の観光客がとても多かった。

130516s1 130516s2 130516s3

130516s4 130516s5 130516s6

130516s7 130516s8 130516s9 

130516s10 130516s11 130516s12

入場料500バーツはタイの物価を考えると高い印象は拭えないが、入ってみて納得。写真に観る装飾美は言うまでもないが、写真撮影不可の寺院内部がすごい!!エメラルド仏寺院の由来となった翡翠製の仏像は遠くてよく観えないのだが、寺院内部の壁画がすごい。これを観るだけでここに来る価値があるし、これが観れたら500バーツなんて安いものだ。

130516s13 130516s14

王宮と博物館はそれなりの印象でたいしたことはない。

この日は暑さがひどく、熱中症になるかというほど。その暑さのなか観た寺院は忘れられない印象を与えてくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)

チャイナタウンとサンぺーン・レーン市場

5月16日(木)

バンコク2日目のこの日は朝から地下鉄でチャイナタウンへ。中国食材を売る店や金製品を売買する店、中華料理の店で活気ある街だ。

130516 130516_2

カニとかシャコとかの食材がたくさんあってとっても美味しそう。あまりの暑さと美味しそうな匂いのため、通りがかった店に適当に入って朝から一杯。なんせ朝から暑いので、ビールでも飲んでないとやってられない。

チャイナタウンのメインストリートのヤワラートの南にはサンぺーン・レーン市場がある。いろんな商品を売る店が並んでいて、問屋街の様相。

130516_3

ブラブラと眺めてまわった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月)

メークロン市場(タイ) 後篇

5月15日(水)

メークロン市場を列車が通り抜けるところを観たあとは、その列車に乗ってバンコクまで戻ることに。写真はメークロン駅とそこに止まっている列車。

130515_4 1305152_2

当然列車が通るときにはまたしても市場は露店をたたむのである。国鉄メークロン線は写真のような田園風景を観ながら、のんびりと、しかし派手に揺れる列車に揺られ終点のバーンレム駅へ向かう。運賃は10バーツ。

130515_6

1時間強列車に揺られ到着したバーンレム駅から10分弱歩いて河を渡る船着場へ。道順がわからない我々は地元の方に教えてもらいながら船着場へ到着。船で川を渡る。写真左のバーンレムの船着場から写真右の船に乗ってマハーチャイの船着場へ。運賃は3バーツで5分もかからない船旅。

130515_9 130515_10

船着場からはマハーチャイ駅まで5分ほど歩く。ここで国鉄マハーチャイ線に乗り換え、やはり1時間強、終点バンコクのウォンウェンヤイ駅まではまたしても10バーツの旅。激しい揺れに揺られて、3時間を超えるメークロンからの長い旅が終わる。タイ初日から何ともヘビーな旅であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

メークロン市場(タイ) 前篇

5月15日(水)

この日から、この時期恒例になった仕事がらみの海外旅行へ、今年の行き先はバンコク。ホテルは一昨年と同じTHE IMPERIAL QUEEN'S PARK HOTEL

早朝にホテルに着くとバンコク近郊のメークロン市場へ向かう。

まずはベンジャシリ公園を抜けてプロンポン駅へ。

130515_5

そこからBTSでビクトリーモニュメントへ。

130515s

この先にある乗り合いバス乗り場でバスに乗る。メークロン市場までは70バーツ。バスっていってもこんな車。

130515

この車にゆられて約一時間で着いたのがこんなところ。

130515_2

お店や屋台で活気ある街だが、ここの人気はやはりメークロン市場。鉄道の線路の上に露店が並ぶ市場があり、約1時間に一度通る列車の度に露店をたたんで、列車が通過するとすぐに店を戻すという不思議な市場。まぁ普通の常識ではありえないのだが・・・。さすがにありえない珍しさで観光客も多かった。こんな感じで。

130515_3 1305152 1305153 1305154

列車が来る前の写真がないのでわかりにくいが4番目の写真が列車が通ったあとに露店を復旧しているところ。長くなるので後篇へ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土)

『噂』(荻原浩)

荻原浩の『噂』を読んだ。警察官の主人公が猟奇的殺人事件を捜査するサスペンス・ミステリー。

都市伝説通りに起こる猟奇的殺人事件。捜査は難航するが、地道な捜査に浮かびあがって来た犯人は・・・。

作者らしいテンポのいい展開と語りでスイスイと読める。軽く読む分にはそれなりに面白く楽しめる。

が、最後の一行が微妙な存在。この一行で印象が大きく変わる。まぁ作者なりの意図があるのはわかるのだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

タイカレーラーメン シャム

本日のランチは中京区のタイカレーラーメン シャムでとった。四条通、山陰線の高架を少し東に行ったところ、あの担担のとなりに最近できたお店。その名の通りタイカレーラーメン(カオソーイ)専門店。先日行ったタイカレーレストラン シャムの姉妹店?

130510 130510_2 130510_3
メニュはタイカレーラーメン(カオソーイ)とタイのゆで鶏のせご飯(カオマンガイ)の2種だけ。カオソーイ(チキン)750円カオマンガイ小350円をいただく。

このカオソーイが絶品。麺は細めのストレートで特徴はないが、スープがいい!辛さはきつくなく、ココナッツミルクのマイルドさが広がる。揚げ麺のトッピングもいい!スープはほとんど残すわたしも飲み干す美味しさ。カオマンガイは特記すべきはないが、このスープに合わせるとグッド!

この美味しさならこの値段でも納得。また行きたいお店だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

ハーゲンダッツがなくなったって・・・

少し前のことだが、こんな記事を目にした。

ハーゲンダッツ、最後の店舗閉店…25日新浦安

 ハーゲンダッツジャパンは、国内で唯一、新作のアイスクリームなどを店頭販売している新浦安店(千葉県浦安市)を25日に閉店し、国内の店舗事業から撤退することを明らかにした。
 同社は1984年、東京・青山に1号店をオープン、その後も全国に出店を拡大し、高級アイスクリームとして定着してきた。
 しかし、近年はコンビニエンスストアやスーパーでの販売が中心となり、店舗の縮小が続いていた。

若いころはよく嫁さんと行ったし、子供を連れて行くこともよくあったのだが、いつの間にかなくなってたなんて。もうお店で食べられないとは・・・、残念である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

『身を捨ててこそ-新・病葉流れて-』(白川道)

白川道の『身を捨ててこそ-新・病葉流れて-』を読んだ。前作から久方ぶりの続編。

今回はヒリヒリするような場面は少なく、新しい物語が動き出す。新しい展開に期待させる作品だが、このシリーズ特有のアツさが感じられずちと残念。次回作以降に期待する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

超ひさびさ龍門大宮店

本日の夕食はひさびさに家族で、下京区の龍門 大宮店へ。前回は2年前なのね。

130504 130504_2 130504_3 130504_4

いただいたのは、いつものまつぶ貝の特製ねぎ味漬けえび餃子白身魚の甘酢炒飯

相変わらずまずまずの美味しさ。たまには行かないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

タイカレーレストラン シャム

本日のランチは、以前から行きたいと思っていた中京区のタイカレーレストラン シャム。円町から丸太町を少し東へ歩いた北側にあるタイカレーのお店。タイ政府認定のお店らしい。

Photo Photo_2


店内はカウンターだけ。いただいたのはグリーンカレー(チキン)900円。見た目はそんなに緑じゃないけど味はまさにグリーンカレー。ココナッツミルクの甘さとグリーンチリの辛さがいい。タイ米のごはんがとっても甘く感じる。野菜が大切りで食べやすくはないのだが、一気に完食。確かにおいしい。

このおいしさはやみつきになるかも。違うメニュも試してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »