« ライト トラベルカバー キャスター付 | トップページ | Onward Beach Resort Guam »

2012年5月16日 (水)

『葉桜の季節に君を想うということ』(歌野晶午)

歌野晶午の『葉桜の季節に君を想うということ』を読んだ。サスペンス・ミステリーの体裁をとった作品なのだが・・・。

元探偵事務所勤務の主人公のところに持ちかけられた調査依頼。悪質な健康グッズ販売会社を調べていくと・・・。

お話は、現在の依頼された調査と自殺しようとした女性を助けて恋愛に発展しそうな様子、過去に探偵事務所に勤務していたときのお話を描きつつラストへ向かっていく。そしてラスト手前で読者に隠されていた真実が明かされる。

いやー、なるほどねぇ。そういうひっかけもあるのねぇ。ミステリーといえるのかどうか微妙な気もするが、なかなかどうして面白く、一気に読了。『イニシエーション・ラブ』と同様、お話の内容よりもそのトリックで印象に残る作品で、絶対に映画化できない作品である。

|

« ライト トラベルカバー キャスター付 | トップページ | Onward Beach Resort Guam »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『葉桜の季節に君を想うということ』(歌野晶午):

« ライト トラベルカバー キャスター付 | トップページ | Onward Beach Resort Guam »