« 担担へひさびさに | トップページ | 讃岐製麺 »

2012年3月 8日 (木)

ドラゴン・タトゥーの女

昨日は、T-JOY京都で以前から気になっていた『ドラゴン・タトゥーの女』を観た。本で読むか映画で見るか悩んでいたのだが、映画で観ることにした。

120307


舞台はスウェーデンの街。40年以上前の殺人事件の解明を依頼された主人公は、ドラゴン・タトゥーの女を助手になぞ解きに挑む・・・。

デヴィッド・フィンチャーらしい暗めの映像。150分を超える長尺、複雑な登場人物ながら、テンポのいい展開と話の運びでグイグイ引き込まれていく。ドラゴン・タトゥーの女を演じるルーニー・マーラがイイ。物語最後の展開は早急な印象でちと残念だが、この長尺ではいたしかたなしか。ちと切ないラストが気にはなる。そもそも原作は三部作とのこと。続編も気になるが、本で読んでみたい気もするしなぁ・・・。

|

« 担担へひさびさに | トップページ | 讃岐製麺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴン・タトゥーの女:

« 担担へひさびさに | トップページ | 讃岐製麺 »