« 『いま、賭けにゆきます』(井上オークス) | トップページ | ひさびさに京やき肉 よし田 »

2012年2月 1日 (水)

『月島慕情』(浅田次郎)

浅田次郎の『月島慕情』を読んだ。7篇の短篇が収められた短編集。

収録されているのは「月島慕情」、「供物」、「雪鰻」、「インセクト」、「冬の星座」、「めぐりあい」、「シューシャインボーイ」。いずれも作者らしい作品で、わかっていても涙腺を刺激されてしまう。そのいかにもな作風が鼻につくときもあるが、やっぱり安定感抜群で、楽しく読める作品だ。甲乙つけがたいがしいていうなら「雪鰻」が好みかなぁ。

|

« 『いま、賭けにゆきます』(井上オークス) | トップページ | ひさびさに京やき肉 よし田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『月島慕情』(浅田次郎):

« 『いま、賭けにゆきます』(井上オークス) | トップページ | ひさびさに京やき肉 よし田 »