« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

大垣城

12月29日(木)

この日二文字屋でのランチのあと向かったのは大垣。大垣城へ立ち寄る。

111229s 111229s2

小ぶりながら白亜の天守閣は美しい。戦前に国宝指定された貴重なお城だが、戦災で焼失。現在の天守閣は戦後の再建。

入城は大人100円。残念ながらこの日は年末の休みか閉まっていたので登れず。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月30日 (金)

二文字屋

昨日アクア・トトぎふで子供たちを遊ばせたあとランチに立ち寄ったのは二文字屋。岐阜駅から南へ少し、住宅街に入ったところにあるうなぎ屋さん。

111229 111229_2 111229_3

いただいたのは、ひつまぶし(梅)2,300円うなぎ丼(竹)1,570円お子様うなぎ丼780円。うなぎはしかっりした歯ごたえがあってまずまず。それなりにおいしいのだが、特記すべきほどではないなぁ。わざわざ行きたいというほどではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

アクア・トトぎふ

本日は冬休みに入った子供たちを連れてちょいと岐阜までお出かけ。各務原市にある岐阜県世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふへ。なんと東海北陸道の川島PAに車を止めて行ける水族館。

111229 1112292 1112293 

1112294 1112295 1112292_3 

淡水魚ばかりだがなかなかよくできている水族館だ。長良川の上流から下流に生息する生き物たちはなかなかに興味深い。写真のようにカワウソもいる。アマゾンやアジアの淡水生物たちもいるのだが、その展示スペースを長良川水系の生き物たちに絞って深く掘り下げたらもっと面白くなったのでは・・・という気がしないでもない。

111229_2 1112292_4 1112293_2 

アシカショーもある。子供たちは楽しんでたみたい。



111229_3 111229_4 111229_5

水族館前には大きな観覧車もある。観覧車からの眺めは、写真のように岐阜の街と木曽川くらいで一人600円の価値があるかどうかは疑問。

水族館入館は大人1,400円。レストランやミュージアムショップ併設。もちろん駐車無料。

子供たちは楽しんでたみたい。少しだけ入館料が高い気がしないでもない。展示内容からするともう少し安くてもいいような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

PVCレザーブックカバー『 SION 』新書判

わたし本を読むときはブックカバーをする。文庫本についてはずいぶん昔に嫁さんがプレゼントしてくれたのを愛用しているのだが、新書についてはもっていなかったので購入することにした。

 

サイズがピッタリすぎて少し厚めのものにはつらいかも。でもこれで新書サイズの本を読むのが少し楽しくなりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

『三宅久之の書けなかった特ダネ』(三宅久之)

『三宅久之の書けなかった特ダネ』を読んだ。TV番組のコメンテーターとして活躍する著者の裏話なので期待して読んだのだが・・・。

当時は書けなかった特ダネなのだろうが、おはなしが古すぎて当時の情勢がわからないのでどこが特ダネなのだかわからない。やっぱり特ダネなんていうのはタイムリーに出てくるから特ダネなんであって、20年・30年・40年もたってから出てきたんじゃ面白くもなんともない。政治の裏話として読めばそれなりに楽しめるがちと期待外れ。残念だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

楽苦美

昨夜は南区の楽苦美で夕食。東寺道の近鉄高架下にある鉄板焼き屋さん。

111221_2

以前ごちがあった跡。ごちが閉まったままだったのだが、新しい店が入ったので行ってみた。

111221_4 111221_5 111221_6

写真はつき出しのするめの天ぷらホルモン焼き740円焼そば670円。味はいまふたつくらい。値段も安いわけでもなく、多分もう行かないだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

またまた京阪カントリークラブ

本日はいつもの取引先と京阪カントリークラブへ。

111221


相変わらずショット・パットともひどいものでまたしても大叩き。それでも日中は天気も良くあったかかったので気分よくまわれた。やはり練習に行かないとだめだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金)

かつや京都新堀川店

昨日のランチは伏見区のかつや京都新堀川店でとった。新堀川沿い丹波橋通の少し北、東側にあるとんかつ屋さんのチェーン店。お昼時とあって待ちの人も・・・。

111215
いただいたのは鰤カツ・カキフライ丼619円。ホクホクのカキフライはおいしいが、鰤カツは予想通りいまひとつ。ぶりをカツにしたっておいしくないのは予想通り。おまけに丼にキャベツやマヨネーズをかけるなんてナンセンスだ。オーダーするメニュを間違えたみたい。素直にカツ丼を頼めばよかった。この味でこの値段では二度と行かない。ただカツ丼は一度試してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

ちょーひさびさに天翔の湯へ

本日はひさびさに天翔の湯へ。写真は以前のもの。

0703161


前回はなんと1年以上前なんだねぇ。ひさびさにゆっくりと温泉につかって極楽!少しは激務の疲れを癒せた気分。やっぱりたまには温泉に行かないと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

またまた飲酒検問で

昨夜は、缶ビール一本飲んだ状態で仕事中またしても飲酒検問にひっかかってしまった。

うっかりしててよく検問やってる道を走ってしまった。ただ、3時間前に缶ビール1本飲んだぐらいでは大丈夫のはず・・・。

「飲酒検問です。ハーッてやってください。」

「ハーッ!」

「OKです。」

というわけで無事通過。しかし年末のこの時期充分注意しないとね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

『永遠の0』(百田尚樹)

百田尚樹の『永遠の0』を読んだ。

太平洋戦争末期特攻で亡くなった祖父について調べる孫。当時祖父とともに戦争に参加した人たちに話を聞いて浮かび上がらせる祖父像。そしてそこには意外な真実が・・・。

当時を知る人から語られるのは日本海軍の無謀な・お粗末な戦いぶりで、その底辺には官僚主義がはびこっている。現代にもあてはめられる構図。あまりに哀しいお話し。その中でひたすらに生き残ることを目標にする孤高の戦士がすがすがしい。涙なくして読めない一冊である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

スーツを買う

ひさびさにスーツを買った。いつも着ているのがくたびれてきたので新しいのがほしかったのだが、時間がなく買いに行く時間がとれなかった。ようやく時間を作って 青山 に行って来た。

しかし半額セールかなにか知らないがずいぶんと安いんだねぇ。1着2万円もあれば買えてしまう。あまりに安いので2着購入。さっそく着て行こうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

『二度はゆけぬ町の地図』(西村賢太)

西村賢太の『二度はゆけぬ町の地図』を読んだ。芥川賞作家の私小説集。

ココログのアフィリが終わってしまったのでアマゾンのアフィリを利用する。

タイトルに惹かれて読んでみたのだが、これがなかなかにディープなお話の連続。秀逸なタイトルである。

やや古めかしい印象の文体が昭和の時代を描くのにマッチしている。読みながら車谷長吉を連想した。

自分勝手な思考の主人公に嫌悪を抱きつつも、一気に読み切ってしまったのは作者の技量であろう。作者の世界観に引き込まれてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »