« ひさびさに舟券購入 | トップページ | またまた東京出張 »

2011年9月28日 (水)

『Re-born はじまりの一歩』

『Re-born はじまりの一歩』を読んだ。7人の作家によるアンソロジー。

Re-born はじまりの一歩 (実業之日本社文庫) Book Re-born はじまりの一歩 (実業之日本社文庫)

著者:伊坂 幸太郎,瀬尾 まいこ,豊島 ミホ,中島 京子,平山 瑞穂,福田 栄一,宮下 奈都
販売元:実業之日本社
発売日:2010/12/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

収録されているのは、「よろこびの歌」(宮下奈都)、「あの日の二十メートル」(福田栄一)、「ゴーストライター」(瀬尾まいこ)、「コワリョーフの鼻」(中島京子)、「会ったことがない女」(平山瑞穂)、「瞬間、金色」(豊島ミホ)、「残り全部バケーション」(伊坂幸太郎)。

どれも青春小説という印象だが、どの作品も入りこむほどの力はなくちと残念。しいて言えば「ゴーストライター」が好みかなぁ。

|

« ひさびさに舟券購入 | トップページ | またまた東京出張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『Re-born はじまりの一歩』:

« ひさびさに舟券購入 | トップページ | またまた東京出張 »