« パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 | トップページ | 『日本の恐ろしい真実』(辛坊治郎) »

2011年6月26日 (日)

『月読』(太田忠司)

太田忠司の『月読』を読んだ。SF的要素の入ったミステリー。

月読 (文春文庫) Book 月読 (文春文庫)

著者:太田 忠司
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ひとが死ぬと亡くなる前の心情を形にした月導が現れる。そしてその月導が語る意味を読み取る“月読”とよばれる職業の人間がいる。そんな世界で起こった殺人事件。月読が読んだ月導は・・・。

SF的要素はともかく本格的なミステリー。いくつかの事件が複雑に絡み合いラストに向かって収斂していく。それなりに面白く読めるのだが、ラストのなぞ解きはやや唐突な印象で、もう少し伏線を張ってほしいところ。ちと残念だ。

|

« パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 | トップページ | 『日本の恐ろしい真実』(辛坊治郎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『月読』(太田忠司):

« パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 | トップページ | 『日本の恐ろしい真実』(辛坊治郎) »