« 床屋でさっぱり | トップページ | そしてまた齢を重ねる »

2010年10月 2日 (土)

『大日本帝国の民主主義―嘘ばかり教えられてきた! 』(坂野 潤治 , 田原 総一朗)

以前から読みたいと思っていた坂野 潤治と田原 総一朗の『大日本帝国の民主主義―嘘ばかり教えられてきた! 』をようやく読んだ。著者二人の対談を文章に起こした作品。

大日本帝国の民主主義―嘘ばかり教えられてきた! Book 大日本帝国の民主主義―嘘ばかり教えられてきた!

著者:坂野 潤治,田原 総一朗
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

明治維新から太平洋戦争突入までの日本の政治や民主主義が本当はどうであったのかという問題について、田原総一朗が坂野潤治に聞いていく体裁の対談形式。わたしたちが学校で教わっていない戦前の政治史が語られていく。

知らなかった戦前の政治史はそれなりに面白い。ただちとマニアックな内容で、本当に当時の歴史を知らないとちょっとついていけない。喰い足りない気分が残ってしまった。

|

« 床屋でさっぱり | トップページ | そしてまた齢を重ねる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『大日本帝国の民主主義―嘘ばかり教えられてきた! 』(坂野 潤治 , 田原 総一朗):

« 床屋でさっぱり | トップページ | そしてまた齢を重ねる »