« W杯南ア大会 日本VSオランダ | トップページ | W杯南ア大会 日本VSデンマーク »

2010年6月20日 (日)

『天使のナイフ』(薬丸岳)

薬丸岳の『天使のナイフ』を読んだ。江戸川乱歩賞受賞のミステリー。

天使のナイフ (講談社文庫) Book 天使のナイフ (講談社文庫)

著者:薬丸 岳
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

強盗に妻を殺害された主人公。犯人は3人の13歳の少年だったため、裁判で裁かれることもなく3人は更生施設へ。事件から4年後、その3人が次々と何者かに狙われていく。妻の殺害はただの強盗だったのか? 妻の過去を調べると意外な事実が・・・。

「少年法に守られた少年たちの人権と遺族の知る権利」、「本当の更生とは何か」といった重いテーマを抱えながらもグイグイと読ませる作品。

すごい展開と巧みな構成にまたまた夜更かし。よく練られたストーリーに脱帽。伏線の張り方も絶妙で、意外な犯人にビックリ。いや、ホントに面白かった。

|

« W杯南ア大会 日本VSオランダ | トップページ | W杯南ア大会 日本VSデンマーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『天使のナイフ』(薬丸岳):

« W杯南ア大会 日本VSオランダ | トップページ | W杯南ア大会 日本VSデンマーク »