« 九谷陶芸村 | トップページ | 『少女達がいた街』(柴田よしき) »

2010年5月13日 (木)

うさみ温泉

5月5日(水)

九谷陶芸村でお茶碗などを買ったあと向かったのは小松市のうさみ温泉。前から行きたかった温泉。何年か前から営業を停止していたのだが、近頃営業を再開したらしく、ようやく念願かなった。R8の大領の交差点を東に入ったところにある日帰り入浴施設。

100505 1005052 1005053  

内湯には浴槽がひとつ、露天スペースには浴槽がふたつ。そのひとつは内湯浴槽とつながっていてもうひとつは天然温泉100%の表示。

お湯は若干の白濁半透明で、飲むと苦みがあり硫化硫黄臭を感じる。加温・循環・濾過と塩素消毒あり。

大人420円、靴箱はコイン不要、脱衣ロッカーはカギなしで脱衣所に入ったところに貴重品ロッカーがある。シャンプー・ソープなどはない、湯上りの休憩スペースあり。

循環・濾過が残念だがまずまずのいいお湯。前日までは超満員だったそうだが、この日はすいていてゆったり入れてラッキー。ただ、わたしうっかりとお気に入りの入浴セットを忘れてきてしまった。とっても悲しいぞ。

|

« 九谷陶芸村 | トップページ | 『少女達がいた街』(柴田よしき) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うさみ温泉:

« 九谷陶芸村 | トップページ | 『少女達がいた街』(柴田よしき) »