« 黄砂 | トップページ | ひさびさにアホな後輩と・・・ »

2010年3月24日 (水)

所有地の一部売却

叔母からよくわからない電話があったのはもう1年半くらい前のこと。なんでも実家の敷地の一部を道路にしたいというはなしだったが、当時は何のことかよくわからなかった。

実家のある市の関係者から電話があったのは昨年11月。田舎の道路拡幅計画があり、実家の敷地の一部を接収したいとのこと。そこで公図を送ってもらって確認したところ、わたしまったく知らなかったのだが、実家の裏側の土地は路地状に伸びていて、家の玄関が面している道とは別の道に接していることがわかった。市の関係者は、その敷地のうちの1㎡にも満たない部分を接収したいという。

路地状部分の先端でもあり、実家には何の支障もない土地の1㎡未満の部分なんてわたしには必要ない。快く承諾した。年末に送られてきた契約書にサインして印鑑証明とともに送り返したが、先日代金が振り込まれた。代金は3,000円とちょっと。印鑑証明の取得費用を考慮すると3,000円を切ることになる。なんだかなぁという気がしないでもないが、田舎の道が広くなるのでよしとしようか。知らなかった我が実家の敷地(の形状)がわかったことでもあるし・・・。

|

« 黄砂 | トップページ | ひさびさにアホな後輩と・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 所有地の一部売却:

« 黄砂 | トップページ | ひさびさにアホな後輩と・・・ »