« 喜泰園 | トップページ | すずや »

2010年2月10日 (水)

『ボトルネック』(米澤穂信)

米澤穂信の『ボトルネック』を読んだ。SF・青春小説の体裁なのだが・・・。

ボトルネック (新潮文庫) Book ボトルネック (新潮文庫)

著者:米澤 穂信
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

高校生の主人公は、なぜか自分のいない世界に迷いこんでしまう。そこには生まれることのなかった姉がいて、自分は存在しないことになっている。そして自分がいた世界とは微妙に違いがあり、その理由を考えてみると・・・。

とっても切ないお話で、その救いようのない絶望感にうたれる。テンポのいい展開にサクサク読めてしまうのだが、読後感はけっしてよくはない。タイトルが語る意味は深い。

|

« 喜泰園 | トップページ | すずや »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ボトルネック』(米澤穂信):

« 喜泰園 | トップページ | すずや »