« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月28日 (土)

『ニッポン全国マヨネーズ中毒』(伏木亨)

伏木亨の『ニッポン全国マヨネーズ中毒』を読んだ。MSNジャーナルで連載されていた食についてユニークな視点で書かれた作品で、文庫化されるのを待っていたのだが、いつまでたっても文庫化されずに絶版になってしまったので中古を購入した。

味覚や栄養のお話を独特の切り口で面白く語っていて楽しく読める。政策批判や農政批判に傾倒しがちなところが珠にキズだが、共感できる部分も多く、味覚や栄養のうんちくはおもしろい。食に関する問題を提起して極端な解決策を提案するというスタイルで書かれている。その解決策がかなり荒唐無稽でおもしろい。

軽く読むにはたのしい本だ。笑いを誘うような書き方なので軽く読み飛ばしてしまうが、食文化に対する鋭い問題提起をする作品だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

泉涌寺別院 雲龍院

11月25日(水)

この日泉涌寺の境内を歩いていると、泉涌寺別院 雲龍院なる山門に行きあたる。さっそく入ってみることに・・・。

091125109112520911253091125  

 

 

こちらの書院から眺めるもみじはいい具合に色づいていてとってもいい感じ。のんびりとお庭を観てると時間を忘れます。本堂では写経をする人々も・・・。

拝観は大人300円で、お抹茶付のプランもあります。お抹茶をいただきながら庭をめでるのっていいなぁ。うらやましく通り過ぎるわたしたちだった。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

泉涌寺

昨日は午後から嫁さんとお出かけ、東山区の泉涌寺へ。皇室ゆかりのお寺で「御寺」と書かれている。近場で紅葉を楽しもうと思って出かけてみた。

091125040911250309112505091125  

 

 

京都の紅葉シーズンの観光客の多さはやはりすごい。平日にもかかわらず、どちらかというとマイナーなこの寺でさえ多くの観光客でにぎわっていた。

山門をくぐると写真1のように仏殿がみえてくる。なかなかいい雰囲気。重文の仏殿(写真2)は荘厳な印象で見ごたえあり。3体の本尊は1体が修復作業中で2体しか観られず残念。楊貴妃観音堂には楊貴妃観音と呼ばれる仏像(重文)もあるが、遠くて観にくいし写真撮影不可で残念。そのほか宝物館などもある。

皇室ゆかりの寺らしく御座所や歴代天皇のうち何人かが眠る月輪陵(写真4)もあるが、御座所は別料金のため今回はパス。

ピークを過ぎたためか境内の紅葉は意外と少なく、唯一楊貴妃観音堂横のもみじ(写真3)が紅く色づいていた。

拝観は大人500円、御座所は別料金で300円、無料駐車場あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

またしても第一日赤へ

嫁さんが体調を崩したので、京都第一赤十字病院へ連れて行った。我が家はよほどこの病院に縁があるようで、昨年はわたしが入院したし、今年は長男が入院した。今度は嫁さんである。まぁ今回は診察だけなのだが・・・。

091125相変わらず待たせる病院で、検査などがあったにしても、9時前に行ったにもかかわらず診察が終わったのは昼前。 午後から仕事が入っていたわたしは嫁さんを残して仕事へ行った。待ち時間の間に病気になりそうな気分だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

マツダ ベリーサ

以前に書いたように車を買い替えることにして注文していたのだが、先日届いた。マツダのベリーサ。12年目に入っても健在だった前の車に未練はあるものの、いろんな事情から買い替えた。

091122色はラディアントエボニーマイカというらしい。前の車(ステーションワゴン)より小さいのでトランクの収納に不満はある。若い人や女の子受けしそうなスタイルでおじさん向きではないものの高級感ある内装が決め手になった。前の車に負けないくらい走ってもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

ひさびさ野半の里温泉 蔵乃湯老鶴館

一昨日は、かきの葉すし たなかで買ったかきの葉すしを食べてから向かったのは和歌山県かつらぎ町の野半の里温泉 蔵乃湯老鶴館前回行ってからもう3年以上になる。早いもんだねぇ。

09111809111820911183  

 

 

詳細は前回のエントリで。平日ですいていたのでのんびり浸かれた。相変わらずいいお湯で、至福のひととき。和風の浴場もとってもいい雰囲気で帰りたくなくなる。ちょくちょく行きたいところだが、片道3時間半ではそうそう行けない。ホントいい温泉で、時間があればまた行きたいなぁ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

かきの葉すし たなか

昨日は午後からひとりでお出かけ、ちょいと和歌山県まで。途中で通った奈良県五條市でちと遅い昼食、かきの葉すし本舗たなかで。五條といえばかきの葉すしだ。

091118091118_2

091118_5091118_6091118_7

国道店で買って車中でいただく。鯖・鮭・鯛の3種入り7個で、千円ちょい。ほんのりと柿の葉の香りがいい。少し甘めのすし酢は上品なお味。おいしくいただきました。 

五條を通るときは必ずここで買うかきの葉すし、なんだか品のある味でいいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月18日 (水)

シングルレバー混合栓カートリッジ交換奮闘記2

昨日のつづき。

水の救急車でもだめだったのであきらめていたのだが、時間的にも経済的にも余裕がないので、昨日ダメもとでキッチンメーカー経由で水栓メーカーに依頼をしておいた。

本日メーカーからの作業員の方が来られたのだが、やっぱり悪戦苦闘。しかしわたしと二人がかりでなんとかナットを外すことに成功!無事カートリッジの交換ができた。おまけに作業料等は水の救急車で提示された金額の半分くらいで、ずいぶんと安くついた。やっぱりメーカーに依頼するもんですな。

そんなわけで長い間悩まされてきたポタポタ音もなくなり、我が家のキッチンにも静寂がもどってきたのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

シングルレバー混合栓カートリッジ交換奮闘記

実は少し前から、我が家のキッチンの水栓蛇口から水がぽたぽたと漏れだしていた。いろんなサイトやブログで調べると、どうもシングルレバー混合栓のカートリッジの交換が必要らしい。そこでカートリッジ交換にチャレンジすることに。キッチンのメーカーに問い合わせて、カートリッジの品番を確認。カートリッジはネット通販で購入。必要な工具はホームセンターで購入。準備万端で交換にのぞんだのだが・・・。

091117091117_2091117_3091117_4  

 

 

写真を見ると我が家のキッチンの汚れ具合がよくわかって恥ずかしいのだが、取り外しの工程は写真の順番通り。まず最初に止水栓を閉めて水が出ないことを確認してから作業に入る。上部のキャップ(ふた)を小さなマイナスドライバーで外すと写真1のようにビスが見える。ビスを緩めてレバーを外すと写真2の状態に。我が家の水栓メーカーの場合ここで写真3の特殊な工具が必要になる。この工具で固定しつつ写真4のようにモーターレンチでナットを外していくのだが・・・。このナットが異常に固く、ぜんぜん回らない。肩が抜けるほど力を入れたのだがビクともしない。そんなわけで自力での交換をあきらめて水道屋さんに依頼することにした。

で、依頼した水道屋さんがやって来たのだが、専門家でも固着したナットは外せないようで、あきらめて逃げるように帰って行った。水の救急車って使えないな。作業前に言われた金額はHPに記載の金額より高いし(今回は外せなかったので1円も払ってない)、どうなんだろうねぇ・・・。

そんなわけで、蛇口からの水漏れはいまだに収まってはおらず、どうやら水栓自体を交換する必要があるようだ。買い揃えた工具とカートリッジは無駄になったし、ちと痛い出費になるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

都飯店 国一 久御山店

昨日は仕事で久御山方面へ。ここのところ異常に忙しくタイトなスケジュールの毎日だが、お昼前に少しだけ時間に余裕があったので、何年も前から気になっていた都飯店 国一 久御山店で昼食。国道一号線沿いで、久御山田井の交差点を少し北に行った西側にある中華料理店。

091114091114_2

看板メニュの四川ラーメン500円をいただく。写真でもわかるとおり、いかにも辛そうな担担麺風のラーメン。青梗菜の色合いがいい。けっこう辛いスープは旨みの方が勝っていて、辛いながらもおいしく飲める。汗を流しながらも飲むのをとめられなくなってしまった。麺は極細ストレートでスープによく合う。

期待以上のお味でとってもおいしい。おおいに満足。大盛りにしても600円、お味のわりにはリーズナブルで嬉しい。久御山方面に出かけるときは立ち寄りたいお店だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月11日 (水)

博多っ子

お休みの本日は所用で北大路界隈まで。帰りにお昼をとりに寄ったのは博多っ子。北大路下鴨本通を下った西側にある博多ラーメンのお店。北側の通りを西に入ると4台分の駐車場がある。20年以上前からのお気に入りのお店だが、ここ何年も行ってなくてずいぶんとひさびさになってしまった。

091111091111_3

九州ラーメン650円をいただく。豚骨ベースのスープはかなりの脂ながらしつこくはなく、マイルドでコクがあってとってもおいしい。わたしでも飲み干せるスープである。麺は細めのストレートと極細ストレートがあるのだが、今回は極細を頼み忘れて細めのストレート、こちらはいまひとつだった。からし高菜がついていて、ピリ辛の味を楽しむことも可能。替え玉もできる。

かなりひさびさだったが、やはりおいしい。麺は極細のほうがおススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

手打ちうどんやまびこ伏見店

11月5日(木)

お休みながら午後から出勤のこの日、出勤前に手打ちうどんやまびこ伏見店で昼食をとった。以前から評判を聞いて一度行きたいと思っていたお店で、竹田街道沿い、毛利橋通りを北に行ったところにある屋根のオブジェが目をひくお店。店頭ではおじさんがひたすらうどんを打っていて、手打ちに偽りはないようだが・・・。

090923091104

前にも書いたが、うどん大好きなわたしとしてはうどんストレートなメニュをいただきたいところだが、残念ながらそういったメニュはない様子。仕方なく牛すじうどん630円をいただく。

それなりにおいしいものの、細めの麺は手打ちながらコシがいまひとつ。期待したほどではない。わざわざ食べに行くほどではないかなぁ。ただ、ほかにも食べてみたいメニュがあったので、機会があれば試してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

龍門

11月4日(水)

この日の夜は、前の会社のアホな後輩とひさびさにご飯を食べることに。東山三条にある龍門へ。ときどき利用する龍門 大宮店の本店。

091104

もう食べたものはあんまり覚えてないのだが、いまだに就職活動中の後輩といろいろと話しながら、まつぶ貝の自家製ネギ味付け酢豚海鮮そばなどたくさんいただいた。お値段の割においしいのは大宮店と同じで、この夜もそれなりに満足。

後輩はかなりのアホなので考えるだけ無駄なのだが、本人は気付いてないのか、考えすすぎてなかなか就職できないようだ。アホはアホなりに考えるらしい。

そんなアホに今回は奢ってもらった。まぁ、以前からの約束だったのだが・・・、お互いの財布の中身をみて、寂しくなる夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

波木温泉 天然温泉ジャブ

11月4日(水)

この日うなぎ初音での昼食のあとに向かったのは、四日市の波木温泉 天然温泉ジャブ。四日市市街から南西にあるスーパー銭湯タイプの日帰り温泉施設で、以前の北勢温泉の旅で立ち寄れなかった温泉のひとつ。とっても楽しみにしてた。

091104_4

0911042内湯に大小の浴槽と露天スペースに岩風呂がある(なぜか露天スペースにはプールもある)。露天スペースは広々だが、解放感はあまりない。いまどきの流行りかTVまである。

お湯はわずかに黄緑がかった透明で、無味だがほんのりと香りあり。温度調整のための加水と一部塩素消毒ありだが循環なし。お湯には温泉らしい浮遊物がいっぱいで、ツルツル感がある。湯から出ると肌に絡みつく感じ。

大人600円、靴箱・脱衣ロッカーともコイン不要。シャンプー・ソープ・ドライヤーあり、湯上りの休憩スペースあり。

噂にたがわずいいお湯でした。わざわざ遠方まで出かけて行ったかいがあったというもの。TVがちょっと煩かったのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

うなぎ初音

11月4日(水)

お休みのこの日はひさびさにひとりで遠くへお出かけ、新名神を利用して三重県の関まで。昨年食べ損ねたうなぎを食べるためうなぎ初音に向かった。平日のためか、ちょうどお昼に着いたにもかかわらず並ぶことなくいただきました。

091104091104_1091104_2091104_3  

 

 

御ひつまぶし2,200円をいただく。「御」てなんだろう?と思いながらいただく。箸休めなのか、豆腐や酢のものが付いているが正直いっていらないなぁ。うなぎは表面はパリッと焼かれていて中はやわらかい。わたし好みの焼き方に満足! 写真4はお出しでいただいたところ。お出しはいまひとつでした。

むかしはよく嫁さんと行った店だが、かなりひさびさの来訪。とってもおいしくいただきました。いつのまにか建てかえられた店は建物の大きさの割には席数が少ない。そのあたりが行列のできる理由かな?  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

1000回め

なんとこのブログのエントリが1000回目を迎えることになった。毎日更新できないのが残念ではあるが、4年間だらだらと書き続けてきた結果である。飽きっぽいわたしとしてはよく続いたなぁというのが感想だ。

始めたころはけっこう時間があったので大好きな映画の感想でも書こうと思っていてmovieloverなんてネーミングにしたのだが、次第に映画を観る時間がとれなくなってしまい、ほんとにただの日記になってしまった。

ただの日記をだらだら書きつづるというのも気がひけるところではあるが、それでも覗きに来ていただく方もおられるので、できるだけ更新をつづけてきた。ここまできたらココログがなくなるまで続けることにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

『陽気なギャングの日常と襲撃』(伊坂幸太郎)

宅建試験のため封印してた読書を再開。昨年もそうだったのだが、お気に入りの伊坂幸太郎の『陽気なギャングの日常と襲撃』で読書再開。『陽気なギャングが地球を回す』の続編的な作品。

陽気なギャングの日常と襲撃 (ノン・ノベル) Book 陽気なギャングの日常と襲撃 (ノン・ノベル)

著者:伊坂 幸太郎
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

それぞれ特殊な能力を持つ4人の強盗たちが、今回はそれぞれの身近で起こる事件を解決していく。そしてその4つのおはなしがひとつの誘拐事件の解決に向かって収束していく・・・。

わたしの勝手な意見だが、ひさびさに伊坂幸太郎らしい作品を読んだ気分。登場人物のウィットに富んだ会話が嬉しい。読後にはいつも、その構成と伏線の張り方に感心させられる。この作品も楽しませてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »