« 梅雨明けと面接 | トップページ | 3度目の会社訪問 »

2009年8月 5日 (水)

台湾ラーメン 屋台

昨日もとっても暑い一日だったが昼から仕事の残務処理で少しだけ出かけて行った。家に戻って昼食代りにたこ焼きを食べながらビールを飲んでいると、先日辞めた後輩から電話。要件を要約すると、「どうせ暇なんでしょ!おごってもらってあげるから飲みに行きましょうよ。おいしい店があるので寺田(城陽市)まで出てきてください。」という横柄なもの。おごってくれというのにこんなに横柄な要求を聞いたことはいままで一度もないぞ、なんなんだこの男。わたしこれでもけっこう忙しいのだ。そんなに暇ではないのだが、昨夜は特に予定もなかったので帰りは送ってもらうという条件で寺田まで出かけて行った。

で、待ち合わせの時間に近鉄寺田駅で待っているとなんとこの男30分も遅刻。おまけに「駅を間違ってました。伊勢田(宇治市)でした。」なんてことを平気で言うのである。なんなんだこいつ。

しょうがないので近鉄で伊勢田まで戻って大久保方面へ歩いていると、「間違ってました、やっぱり寺田でした!」なんてことを言い出すのだ。こんなバカなこと信じられないね、もうね正真正銘のアホです。こんな男につきあったわたしがバカでした。

伊勢田まで戻るよりは大久保まで行ったほうが近そうだったので、大久保まで出てタクシーに乗り込む。予定より1時間半も遅れてお目当てのお店に到着。さすがに申し訳なく思ったのかせこい彼にしては珍しくタクシー代だけは彼もちでした。

で、伺ったのはこのアホ男おすすめの台湾ラーメン 屋台。旧国道24号線沿いの城陽郵便局向かいにあるラーメン屋さん。名前とは違って屋台じゃないんですけど・・・。

とりあえずビールを飲みながらいろいろといただいたのだが、アホ男が注文するのはなぜか焼き鳥系ばかり。せっかくラーメン屋さんに来てるのに、餃子とかの中華系はまったく頼まないもんだから、テーブルに並ぶのは焼き鳥ばかりでそれだけでおなかいっぱい。そんなに焼き鳥を食べたけりゃ焼き鳥屋に行けばいいじゃないの。とことんアホな男だなぁといまさらながらに思い知らされた。

そうこうするうちにこのアホ男の嫁さんも合流。しめの台湾ラーメンをいただきました。甘めのスープに唐辛子が入っていてアクセントになってます。細めのストレート麺(だったと思う)は柔らかめ。悪くはないものの、わざわざ出かけていくほどでは・・・。

結局はわたしがおごってあげたのだが、けっこう安くあがったのが救いか・・・。帰りは彼の嫁さんの運転で送ってもらいました。

|

« 梅雨明けと面接 | トップページ | 3度目の会社訪問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾ラーメン 屋台:

« 梅雨明けと面接 | トップページ | 3度目の会社訪問 »