« ふらっといつもの店へ | トップページ | 昨夜も一杯、饂の神で »

2008年12月 3日 (水)

『クラリネット症候群』(乾くるみ)

乾くるみの『クラリネット症候群』を読んだ。表題作「クラリネット症候群」と「マリオネット症候群」の2作品が収録されている。

クラリネット症候群 (徳間文庫) Book クラリネット症候群 (徳間文庫)

著者:乾 くるみ
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「マリオネット━」は、ある朝目覚めると誰か違う人間が自分の自分の身体を動かしていて、自分の思い通りにならない。いったい何が起こっているのか・・・。「クラリネット━」は、大切なクラリネットを壊されてしまった主人公がドレミファソラシの音が聞こえなくなってしまう(どこかで聞いたようなおななしでしょ、このあたりがいいよねこの作者)。そんなところへ同居人が誘拐されて・・・というおはなし。

「マリオネット━」はSF色が強いが、途中でオチが読めてしまって残念。「クラリネット━」は暗号解読があったりしてミステリー色が強く、オチも悪くない。

いずれの作品もコミカルなタッチで描かれていて、殺人や拉致など物騒な事件が多い割には緊迫感や凄惨さはない。軽く読む分には楽しめる作品。

|

« ふらっといつもの店へ | トップページ | 昨夜も一杯、饂の神で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『クラリネット症候群』(乾くるみ):

« ふらっといつもの店へ | トップページ | 昨夜も一杯、饂の神で »