« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

仕事が忙しくて・・・

ここのところ仕事が忙しくて、更新もままならない。TVのニュースもまともに観れなくて、世の中から取り残されてる気分。11月はしっかり休む予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

天然温泉 華の湯かけ流し(天使の湯)

本日はちょいとお出かけ、大阪南部まで。で、寄り道して羽曳野市の天然温泉 華の湯かけ流し(源泉名は天使の湯)へ。阪和道美原北ICからほど近いところにあるスーパー銭湯タイプの入浴施設。

07102610710262内湯と露天スペースにはそれぞれいくつかの浴槽がある。温泉使用は内湯主浴槽(写真2)と露天の浴槽。

お湯は薄黄緑色の濁りのあるもので、若干の金気臭があり、舐めるとしょっぱい。塩分を含むためよくあったまるお湯だ。写真4は露天スペースにある大きな岩をくりぬいた、大人一人が横になれる岩風呂。ここのお湯だけは無色・透明で、一番鮮度のいいお湯だと思われる。温泉の使用状況は加温・循環・ろ過・塩素消毒あり。これで「掛け流し」を謳うのだからいい根性してるよな。

07102630710264大人600円、靴箱はコイン不要で、受付で靴箱の鍵を預けて脱衣ロッカーのキーを受け取るしくみ。シャンプー・ソープ・ドライヤーあり、湯上りの休憩スペースあり。

循環なのは残念だがいいお湯でした。でもこれならわざわざ出かけて行かなくても、同じようなお湯の天翔の湯のほうがよかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

『見上げれば星は天に満ちて 心に残る物語-日本文学秀作集』(浅田次郎編)

『見上げれば星は天に満ちて 心に残る物語-日本文学秀作集』(浅田次郎編)を読んだ。前から読みたいと思っていた中島敦の「山月記」が収録されていて、かつ文豪と呼ばれる小説家の作品が多く収録されていたので買ってみた。

見上げれば星は天に満ちて―心に残る物語 日本文学秀作選 (文春文庫) Book 見上げれば星は天に満ちて―心に残る物語 日本文学秀作選 (文春文庫)

販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

収録されている作品は次のとおり。「百物語」(森鴎外)、「秘密」(谷崎潤一郎)、「死体紹介人」(川端康成)、  「山月記」(中島敦)、「憑依」(中島敦)、「ひとごろし」(山本周五郎)、「青梅雨」(永井龍男)、「補陀落渡海記」(井上靖)、「西郷札」(松本清張)、「赤い駱駝」(梅崎春生)、「手」(立原正秋)、「耳なし芳一のはなし」(小泉八雲)。

かなり特異な作品が多いが、印象に残ったのは「山月記」、「西郷札」、「耳なし芳一のはなし」の三作品。それなりに面白く読めた作品集だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

法起寺三重塔

仕事でちょいとお出かけ、久々に奈良へ。以前は毎日のように通ってたのに随分と久しぶり。いつもみてた法起寺三重塔をパチリ。ピークもすぎてもう終わってるかと思ってたのだが、コスモスがきれいに咲いていた。

071023

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

体重維持がたいへん

少し前はダイエットしてたのに、今では体重が減りすぎて、維持するのがたいへんだ。なにせお昼を食べれない日のほうが多いもんだから、夜にアホほど喰ってなんとか維持してる状態。わたしの場合、食べる量が体重に直結するので、とにかく今は食べなければならない。でも、昔それをやって太ったんだけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

雄琴温泉 スパリゾート雄琴あがりゃんせ

昨日は、キムチのほし山 山科新十条店で昼食のあと大津市へ向かい、雄琴温泉 スパリゾート雄琴あがりゃんせへ。以前パルキという健康ランドがあったのだが、そこが閉館したあとを某ラーメン屋がリニューアルした健康ランドタイプの日帰り入浴施設。わたしパルキ時代に行ったことはあるのだが、あがりゃんせになってからは初めて。だって料金が高いんだもの。そのわりには平日の昼間にもかかわらず多くの人で混みあっていた。建物はパルキをそのまま利用しているみたいだが、浴場は大きく改装されている。

071017微黄色透明・無味・無臭のお湯は若干ぬめりがある。温泉の使用状況が掲示されていないので正確にはわからないが、温泉使用は露天風呂のみか?加水・加温・循環・塩素消毒有りとみた。わざわざ出かけていくほどのお湯ではない。

平日は大人1,350円・土日祝1,550円、靴箱はコイン不要で靴箱の鍵が脱衣ロッカーの鍵になるしくみ。シャンプー・ソープ・ドライヤーのほか歯ブラシやカミソリにシェービングクリームもある。タオル・バスタオル・館内着付き。湯上りの休憩スペースは広く、液晶TV付きのリクライニングシートが多数ある。

ここのところ休みもなくひどくお疲れだったので、館内でマッサージを受ける。気持ちよかったなぁ。ついでに館内で散髪も。たいしたお湯ではないし料金も高いので、入浴が目的ならわざわざ行くほどの施設ではないが、1日のんびりするなら悪くはないかなぁ・・・。

071017_2ところでここにはドクターフィッシュがいる。試してみたけどちとくすぐったいって感じだな。ドクターフィッシュはかかとの角質がお好みのようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年10月17日 (水)

キムチのほし山 山科新十条店

本日のお昼ご飯は、京都市山科区のキムチのほし山 山科新十条店でとった。キムチ屋さんであるが、この店にはイートインコーナーがあり、ランチタイムは店内でいただくことができる。

071017071017_2

いただいたのは、写真の丼にキムチとスープがついた黒毛和牛すじ丼580円。ご飯のうえに煮込んだ牛すじがのせられたもの。ちとからめの味付けで、丼よりもビールのあてにちょうどいいんじゃないかというお味だが、付合せのキムチが絶品。さすがにキムチ屋さんである。

071017_3

あんまり美味しいのでキムチを買って帰った。夜が楽しみである。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

知らないうちに戻り気味

ここのところ仕事が忙しく更新もサボりがち・・・。そんななかマーケットは少し戻してきたようでちょっと嬉しい。持ち株もいくつかリリースがでているみたい。

積水ハウス(1928)からは株主優待でコシヒカリがもらえるとのことで喜んでいたら、構造計算書の偽装問題がでてきてびっくり。アセットM(2337)からは中間期の上方修正がでた。通期は据置ってのが気にくわないが・・・。おまけに持ち株会社をつくるので臨時株主総会をするみたい。どん(8216)下方修正を発表。予想通りでなにを今さら・・・って感じだ。まぁあのはげ社長じゃだめだってことだな。それよりも閉店になる店名をさっさと発表して欲しいぞ。近所の店がなくなると優待券が使い切れなくなるしなぁ・・・。

マーケットの様子が全然わからないのだが、とりあえず持ち株は当面ホールドしたままでいく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

いつの間にか秋

仕事が忙しく、バタバタしててなかなか更新できないのだが、その間に暑い夏が終り、いつの間にか秋がやって来たようだ。

071011071012仕事の途中の道でとってもいい香りがする。ふと見るときんもくせいが秋の香りを漂わせていた。もう秋がやって来たのかと思って見上げると色づいた柿が・・・。秋の到来は冬の前触れ。冬将軍はすぐそこまでやってきているのだろうね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

焼チキン

最近はまっているのが日清食品の焼チキン。簡単に作れてけっこういける。お昼を食べられない分、これを毎晩食べている。

071010しばらくやめられそうにない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

いつもの居酒屋で・・・

ここのところまったく休めずにすっかりお疲れモード。で、仕事の帰りに週に1回くらいは立ち寄るいつもの居酒屋へ。このブログをはじめてから唯一紹介していないお店。なにせ狭い店ですぐにいっぱいになってしまう。先日などは一杯なので入れてもらえなかったほど。なので店名は伏せておく。

071009071009_3071009_4本日いただいたのは、左からかんぱちのおつくり660円さんまの塩焼き380円砂ずりのえんがわ220円

メニューは多くないけれど安くて美味しいお店。お気に入りのお店である。このブログの趣旨に反するがしばらくは内緒で・・・。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

『星の商人』(犬飼ターボ)

犬飼ターボの『星の商人』を読んだ。150頁強のボリュームだが、1時間もあれば読める作品。

星の商人 -「成功の秘法」を手に入れるためのレッスン- Book 星の商人 -「成功の秘法」を手に入れるためのレッスン-

著者:犬飼 ターボ
販売元:サンマーク出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

主人公のレキは商人になるため町に出て、賢者から羊皮紙に書かれた大商人の秘法を買う。そして大商人目指して、羊皮紙に書かれたことを実行に移していく・・・。

子供向けのお話といった感じで軽く読める作品だが、なかなか含蓄ある言葉が多く、考えさせられる作品。一番のキーワードは「他の成功は己の成功」だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

齢を重ねて

またひとつ齢を重ねることとなった。もう歳はとりたくないのだが、時の流れは非情で、確実に死に向かうこととなる。というわけで、すぐそこに四十路がせまってきた。最近疲れやすいし、体力の衰えを感じざるをえない。いやはや、歳はとりたくないもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

保険の季節

先月の終りから今月の初めにかけて、火災保険や自動車保険が更新を迎える。口座引き落としではないので、いちいち振り込みに行ったり担当者に会ったりしなければならない。おまけに先日生命保険をひとつ解約したものだから、いろいろとすることが多くて面倒くさいったらありゃしない。必要最低限の保険にしか入ってないのに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

パーフェクト・ストレンジャー

昨日はずいぶんと久しぶりに映画館へ。『パーフェクト・ストレンジャー』を観た。お気に入りのハル・ベリーとブルース・ウィリス出演のサスペンス・ミステリー。昨日は映画の日だったみたいで1,000円で観ることができた。

071001perfectstrangerハル演じる女性ジャーナリストの幼なじみが何者かによって殺される。彼女は、幼なじみが亡くなる前に付き合っていた広告会社の社長が怪しいと考えてその会社に潜入するのだが・・・。

わたしの大好きなどんでん返し系サスペンス・ミステリーで、お気に入りの俳優陣とくれば観ない訳にはいかない。だからわざわざ映画館まで出かけて行ったわけなのだが・・・。

こういった系統の映画の場合、いかに観客を事件に引き込むかが重要なのだが、前振りからダレダレで、主人公がハルじゃなければ居眠りしそうなくらい退屈だった。だから、犯人が意外な人物であっても、「ふーん」くらいの感想で、全然楽しめない。「なんだかなー」って感じの映画なわけで、つまらない時間を過ごしたわけだ。犯人が意外な人物ならそれでいいってもんじゃないだろうに・・・とにかくひどいデキで、きれいに騙されたいわたしとしてはあまりに残念だ。

ところで、お気に入りのハル・ベリーは相変わらずきれいではあったが、さすがに「少し老けたかな」という印象。まぁ歳が歳だし、その歳のわりにはきれいだとは思うものの、お気に入りの女優さんだけにちと哀しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 1日 (月)

キャバクラ事始

昨夜は、会社の飲み会の2次会で初めてキャバクラに行った。昔勤めていた会社の同僚に連れられてセクキャバに行ったことはあるのだが、普通のキャバクラは初めて。

要するに、女の子が横についてくれて話をしながらお酒を飲むところね。特に面白いわけでもなく、お疲れのわたしはうたた寝 ズズズ・・・。1時間半で7,000円。7,000円もあれば美味しいものが食べれるのになぁ・・・というのが本音だ。付き合い以外で自発的に行くことはないだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »