« プレステージ | トップページ | 天敵再襲来 »

2007年7月 2日 (月)

『グラスホッパー』(伊坂幸太郎)

伊坂幸太郎の『グラスホッパー』を読んだ。発売が待ち遠しい作家なんてほとんどいないのだが、伊坂幸太郎はその数少ないうちの一人だ。

Book グラスホッパー

著者:伊坂 幸太郎
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本作は、いろんなタイプの犯罪者が出てくるクライムノベルで、ターゲットを自殺させる「自殺屋」、ターゲットを歩道や駅のプラットホームから押して殺す「押し屋」、その他「ナイフ使い」や「毒盛り」などが登場。

物語は3人の視点で語られる。「自殺屋」と「ナイフ使い」と唯一犯罪者ではない鈴木。鈴木は交通事故で妻を亡くし、その犯人に復讐を誓って、犯人の父親が経営する非合法の会社に就職する。しかし、その犯人は「押し屋」に殺されてしまい、その「押し屋」を追って、鈴木、「自殺屋」、「ナイフ使い」が駆け巡る。

やっぱりこの作者の作品は面白い。いろんな犯罪者の設定だけみても充分に面白い。ただ本作は著者の今までの作品と比べると、やや淡白な印象で、ちょっと喰い足りない気分。それでも充分面白いので次作が楽しみでしょうがない。

|

« プレステージ | トップページ | 天敵再襲来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『グラスホッパー』(伊坂幸太郎):

« プレステージ | トップページ | 天敵再襲来 »