« 東尋坊 | トップページ | 『青い翅の夜 王国記Ⅴ』(花村萬月) »

2007年6月 6日 (水)

みかた温泉 きららの湯

6月3日(日)
東尋坊をあとにすると家に向かって車を走らせる。途中、今庄で寄り道して今庄365温泉 やすらぎへ。ここで温泉に入って帰宅しようと思っていたのだが、この日は、今庄365では自転車のロードレースが行われていて、温泉施設はゴールした自転車野郎でいっぱい。とてもじゃないが、入浴できる状況じゃない。なのでここでの入浴はあきらめて、若狭町まで足をのばしてみかた温泉 きららの湯へ。若狭町役場のそばにあるスーパー銭湯タイプの日帰り入浴施設。

070603kiraranoyu1070603kiraranoyu2縄文風呂虹の湯があり、この日は男性は虹の湯。内湯には主浴槽と源泉浴槽(写真)があり、開放感のない露天スペースには岩風呂と源泉岩風呂などがある。

露天と内湯の源泉浴槽は、若干黄色がかった透明なお湯、露天の岩風呂と内湯主浴槽は無色・透明でいずれも舐めると少ししょっぱくて塩素臭がする。内湯・露天の源泉浴槽は加温・循環・ろ過・塩素消毒あり、内湯主浴槽と露天岩風呂は加水がプラスされる。

大人600円、靴箱・脱衣ロッカーともコイン不要で、受付で靴箱の鍵を預けて脱衣ロッカーのキーを受け取るしくみ。シャンプー・ソープ・ドライヤーあり、湯上りの休憩スペースあり。

いろんなサイトでみると、この施設ができる前にあったレピアの湯は、掛け流しの評判のよいの温泉である。しかし、この施設はごくありふれた日帰り温泉施設で、正直わざわざ行くほどではなかった。加温・循環・ろ過・塩素消毒ありの浴槽に源泉浴槽と名付ける無神経さが物語っているだろう。せめて本当の源泉浴槽をつくってほしいところだ。

|

« 東尋坊 | トップページ | 『青い翅の夜 王国記Ⅴ』(花村萬月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みかた温泉 きららの湯:

« 東尋坊 | トップページ | 『青い翅の夜 王国記Ⅴ』(花村萬月) »