« 恐怖のペッパーランチ | トップページ | 元同僚からの電話 »

2007年5月19日 (土)

トゥモロー・ワールド

DVDを借りてきて、『トゥモロー・ワールド』を観た。劇場公開時に観に行けなかったのでDVD化を待っていた作品。

DVD トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

舞台は2027年のイギリス。人類は不妊に陥り、18年間子供が生まれていない。世界は荒廃し、国家としてまともに機能しているのはイギリスだけ。そういった状況の中、主人公は18年ぶりに妊娠した女性をある場所まで送り届けるよう依頼されて・・・。

背景の説明がないので(なぜ人類は不妊に陥ったのか、どうしてイギリスだけ国家として機能できているのか、なぜ激しいテロが続くのかなど)、わかりにくいストーリー。しかし映像はなかなかのもので、知らず知らずに引き込まれていく。陰惨な映画だが、唯一の希望は子供。子供を守るために闘う人々に感動できる。原題にあらわれているとおり、子供は人類の希望だと言うことを認識できる作品だ。ただ、映画館まで行かずともDVDで充分な映画だった。

|

« 恐怖のペッパーランチ | トップページ | 元同僚からの電話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トゥモロー・ワールド:

« 恐怖のペッパーランチ | トップページ | 元同僚からの電話 »