« 蒲生野の里温泉 蒲生野の湯 | トップページ | 競輪の思い出 »

2007年4月16日 (月)

『捲り眩られ降り振られ』(白川道)

白川道の『捲り眩られ降り振られ』を読んだ。競輪雑誌に連載されたコラムを書籍化したものらしい。

捲り眩られ降り振られ Book 捲り眩られ降り振られ

著者:白川 道
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

40年にわたる競輪歴をもつ著者の競輪に対する愛情が伝わってくる作品。毎回ゲスト(ほとんどが競輪初心者)を呼んでいて、そのゲストの感想が併記されるというかたちで、視点が変わって面白い。すっかり競輪から遠のいてしまったわたしも懐かしく感じながら読んだ。

競輪を知らない人でも読める(と思う)作品だが、知っている人のほうが楽しめるのは言うまでもない。

|

« 蒲生野の里温泉 蒲生野の湯 | トップページ | 競輪の思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『捲り眩られ降り振られ』(白川道):

« 蒲生野の里温泉 蒲生野の湯 | トップページ | 競輪の思い出 »