« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

ホリデイ

土曜日は久々に映画館へ。『ホリデイ』を観た。キャメロン・ディアス、ジュード・ロウ主演で、ラブコメかと思って観に行ったら・・・。

070428theholiday二人の女性がそれぞれの失恋の痛手を癒そうと、インターネットで見つけたサイトで、ロンドン郊外の家とLAの家を2週間限定で交換する。そして二人は、新しい環境で新しい異性と知り合って・・・。

意外にも笑える場面は多くないが、軽いタッチのラブストーリー。家を交換するというアイディアは面白い。このジャンルにしてはちょっと長尺だが、恋愛だけでなくドラマ要素もあって、軽く観る分には楽しめる作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

京都競馬場

昨日はお弁当もって家族でお出かけ、久々に近くの京都競馬場まで。馬券を買うわけでもなく、競馬を観るわけでもなく子供たちを遊ばせるため。翌日の天皇賞のためか、入場門のところで寝袋にくるまってる人がいた。

070438kyotokeibajo1070438kyotokeibajo2込み合う連休中に遠出はつらいので家から近いここを選択。ここは馬だけしかいない大人の動物園だが、小さな子供を遊ばせるにはなかなかいいスポット。写真2のように小さな子供向けの遊具もあり、芝生の広場もある。日曜日は混むので土曜日がおすすめ。人気なのは写真3の馬車と写真4のポニー試乗。どちらも整理券配布と同時に定員いっぱい。なお小学生高学年以上向けにサラブレッド体験乗馬もある。

070438kyotokeibajo3_1070438kyotokeibajo4入場料は大人200円、乗馬などのイベントは基本的に無料。駐車場は昔は開催日は1日2,000円だった(今はいくらか知らない)。競馬場の駐車場は高いし、夕方は出るのに30分以上かかることも普通にあるので利用しない。周辺の民間駐車場を使えば開催日でも1日800円程度でとめられる。

わたしたちのように馬券を買わずに遊びに来るだけの人もけっこう多い。JRAからするといい迷惑だろうが、25%という法外なテラ銭とってるんだから細かいことは気にしないだろう。馬とふれあえるし、小さな子供をつれていくには意外にもオススメスポットなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年4月26日 (木)

『見切り千両』(梶山季之)

梶山季之の『見切り千両』を読んだ。相場で財を成す痛快小説。

見切り千両 Book 見切り千両

著者:梶山 季之
販売元:パンローリング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

米相場で財を成しながら、相場に殺された祖父と父の復讐を相場で果たす主人公の痛快な物語。

風雲編・復讐編・海外編と3部構成で、風雲編・復讐編は相場が中心のおはなしで面白いが、海外編はモナコのカジノに舞台が変わりちょっと話の雰囲気が変わる。前半と後半で違う話しみたい。

主人公は男前・秀才で相場で稼ぎまくり、ちょっとできすぎの感は否めないが軽く読む分にはそれなりに楽しめる。ただもうひとやまほしいところなんだけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

続々ダイエット

前のエントリで、「ダイエットは順調にいっている」と書いた。実際、ズボンのウエストがゆるくなってきたみたい。

我が家には体重計がないので体重の減り具合はわからなかったのだが、先週末に温泉に入浴したとき量ったところ、おそらくマイナス2kg(おそらくと書いたのはスタート時点の体重がはっきりわからないため)。

ウエストがしまって顔がほっそりとしてきたのでほぼ目標達成。もう1kg強減らせばダイエット終了とする。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年4月23日 (月)

固定資産税の支払いと本人確認法

今年も固定資産税の支払いの季節がやってきた。ド田舎の土地に築20年以上の建物で固定資産税が10ン万円もするのは納得がいかないのだが、払えといわれれば払わないわけにいかず、先日郵便局で振込みするように嫁さんに依頼しておいた。

ところがだ、本人確認法の施行により10万円を超える振込みには本人確認が必要で、本人確認ができないと受付できないと言われたというのだ。んなばかな。普通の振込みならともかく、税金の振込みだぞ。で、あわてて金融庁のHPで調べてみると、よくある質問の中にあるのだが、税金の支払には本人確認は不要である。

たまたま行った郵便局がアホなだけなのか・・・。もうねアホな郵便局員と特定郵便局の局長はさっさとクビにしろ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『火の粉』(雫井脩介)

雫井脩介の『火の粉』を読んだ。どうでもいいことだが、たまたまここ3冊連続で幻冬舎文庫の作品を読んでいる。幻冬舎、なかなか侮れんな。

火の粉 Book 火の粉

著者:雫井 脩介
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ある一家惨殺事件の容疑者が裁判で無罪となる。その判決で無罪を言い渡した判事の家の隣に、その元被告が引っ越してきて・・・。

読みやすい文体に緻密な心理描写、登場人物のキャラクター設定もうまく物語に溶け込ませている。サスペンスフルな展開に500頁超の長編にもかかわらず一気に読んでしまった。とっても面白く、この作者の他の作品も読んでみたいと思ったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

神戸市立フルーツ・フラワーパーク

昨日はお弁当もって家族でお出かけ、ちょいと神戸市北区まで、フルーツ・フラワーパークへ。

070421fruitsflowerpark1070421fruitsflowerpark2さっそく無料のチューチュートレイン(写真2)に乗って園内を一周。果樹園ではりんごやモモの花が咲いてきれいだった。園内でお肉を買ってバーベキューなどできるようで、家族連れで賑わっていた。また結婚式を挙げることもできるらしく、ウェディングドレス姿の花嫁さんを目にした。

070421fruitsflowerpark3いくつか見学施設もあるのだがこれらはちょっとショボイ。ホテルや温泉施設もあるし、写真3のように小さな子供向けの遊園地もある。

入園は大人500円で駐車場は1日500円。

園内は広々、いたるところに花が咲いていて、子供向けの遊具も多い。子供づれでのんびりするにはなかなかいい場所だ。日帰り温泉施設があるのも嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月21日 (土)

大沢温泉 茜の湯

本日はお弁当もって家族でお出かけ、ちょいと神戸市北区まで、フルーツフラワーパークへ。園内にある日帰り入浴施設大沢温泉 茜の湯で入浴。

070421osawaonsen1070421osawaonsen2いくつかある内湯浴槽はすべて白湯か入浴剤入りで、温泉は露天風呂のみで使用されている。お湯は茶濁で金気臭(鉄の匂い)が強く、舐めるとかなりしょっぱい。よくあったまるお湯で、ちょっと浸かっていただけでのぼせそうになる。浴槽の縁は茶色に変色しており、底には茶色の沈殿物がいっぱいで、手をつくと付着する。加温で掛け流しとのことだが、源泉投入量は少ない。

大人600円(利用する時間によっては駐車場料金とフルーツフラワーパークの入園料が必要)、靴箱・脱衣ロッカーとも100円投入・返還式。シャンプー・ソープ・ドライヤーあり、湯上りの休憩スペースあり。

すぐ近くにある北神戸ぽかぽか温泉と同系統と思われるお湯で、とってもいいお湯だ。フルーツフラワーパークで遊んだあとに入浴するのによい。園内のホテル宿泊客は無料で利用できるので、夜に行く場合は修学旅行などの団体客がいるかどうか確認しといたほうがいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年4月20日 (金)

競輪の思い出

前回のエントリで白川道の『捲り眩られ降り振られ』を読んだ話を書いたが、ちょっと競輪の思い出について書いてみたい。

わたしは競馬・競輪・競艇と公営ギャンブルにひととおり手を染めた(オートだけは近くに開催場がないのでやったことがない)。最もよく通ったのが競馬。なにしろすぐ近くに競馬場があり、開催は土日なのでサラリーマンには手を出しやすかった。一番好きなのは競艇で、大きなレースの優勝戦は日曜日か祝日なのでよく琵琶湖まで行ったものだ。平日に決勝が行われることが多かった競輪に触れる機会は少なく、生で観たのは(いつの回かは忘れたが)山田裕仁が勝った西宮の記念だけ。わずか1回きりだが、大きなレースは必ずTVでチェックしていた。

予想をするのは競輪が一番面白かった。競馬はしょせん畜生が走るものであてにはならないし、競艇はスタートしだいで展開が大きく変わるので“あてもの”の域をでない。競輪はとっても人間臭い競技で、ラインと展開を予想する楽しみが感じられた。

わたしが熱心に観ていたのは吉岡稔真や神山雄一郎が全盛のころ。いつの回だったかは忘れたが、吉岡の勝ったびわこの宮杯は予想にかなり自信があったのだが、仕事のため現地入りを断念し(よっぽど仕事をさぼろうかとおもったけど)、結局わたしの予想が当って悔しい思いをしたこともあった。

自分で商売を始めてから忙しくなり、TVでさえも観る機会が少なくなってしまったが、大きなレースだけは欠かさずチェックしていた。松本整が40歳を超えて特別(今はG1っていうのかな?)を連覇したときなんて感動したものだ(話はそれるが、昔住んでた近くに松本整の経営するジムがあった)。

余談だが、わたし山田裕仁の自宅に伺ったことがある。山田裕仁の家は、当時わたしが仕事で行っていた大垣の得意先の顧客で、担当者に同行して行った。山田裕仁本人には会えなかったが(おそらくいなかったと思う)奥さんは綺麗なひとだった記憶がある。大きく立派な家で、庭にはトレーニング用と思われる小屋があった。無冠の帝王と呼ばれていた彼がグランプリを勝ち、翌年(だったかな?)初の特別のタイトルを手にしたあとくらいの時期のこと。他の選手が止まってみえるほどの強烈な捲りを放っていた山田裕仁は、同い年でもあり好きな選手だ。唯一生で観たレースの勝者でもあり、まだまだがんばってほしいところ。

わたしが競輪から完全に離れてしまったのは松本整が引退してからだ。門司・甲子園・西宮が廃止となり、ルールの問題での(それだけではないかもしれないが)松本整の引退。なんだか競輪がつまらないものに感じられてきたのだ。人気漫画『ギャンブルレーサー』の連載が終り、あの吉岡稔真が引退した。わたしのなかでは競輪は遠い存在になりつつある。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年4月16日 (月)

『捲り眩られ降り振られ』(白川道)

白川道の『捲り眩られ降り振られ』を読んだ。競輪雑誌に連載されたコラムを書籍化したものらしい。

捲り眩られ降り振られ Book 捲り眩られ降り振られ

著者:白川 道
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

40年にわたる競輪歴をもつ著者の競輪に対する愛情が伝わってくる作品。毎回ゲスト(ほとんどが競輪初心者)を呼んでいて、そのゲストの感想が併記されるというかたちで、視点が変わって面白い。すっかり競輪から遠のいてしまったわたしも懐かしく感じながら読んだ。

競輪を知らない人でも読める(と思う)作品だが、知っている人のほうが楽しめるのは言うまでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

蒲生野の里温泉 蒲生野の湯

昨日は、あまりにしょうもないアグリパーク竜王をあとにすると、そのすぐ近くの蒲生野の里温泉 蒲生野の湯へ。滋賀県竜王町に先月オープンしたばかりの日帰り入浴施設。

070414gamononoyu1脱衣所・浴場ともこぢんまり(ちょっと狭い)。露天スペースは少し広くて開放感はあるものの、たいして広くない岩風呂がひとつと寝湯がひとつ。露天の岩風呂は深さが若干浅めで、わたしはゆっくりとつかれなかった。スペースはあるのでもうひとつくらい浴槽をつくればいいのに・・・。全体として中途半端なつくり。

070414gamononoyu2温泉は露天でのみ使用されてるようで、無色・透明・無味・無臭。源泉は微白濁で金気臭があり、その源泉が少しずつ注がれているのだが、“加温・循環・ろ過・塩素消毒あり”の浴槽ではその特徴がすべて消えてしまって全く特徴のない湯になってしまっている。源泉の温度が38度くらいなので、小さくても源泉掛け流しの浴槽をつくればいいのにね。

大人平日600円・土日祝800円、靴箱・脱衣ロッカーともコイン不要。シャンプー・ソープ・ドライヤーあり、湯上りの休憩スペースあり。

お湯に特徴がなく、わざわざ出かけていくほどの温泉ではない。ド田舎のこのお湯と施設で800円はかなり高い。多分もう行かないな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アグリパーク竜王

昨日は所要でお出かけ、ちょいと滋賀県へ。途中で子供たちを遊ばせようと竜王町のアグリパーク竜王へ。アウトドアで子供が遊べるような施設かと思ってたんだけど・・・。

070414agriparkryuo1070414agriparkryuo2ここには竜王町農村田園資料館(写真1)なる施設があって、写真2のように古い民家を復元しただけのものが資料館内にある。資料館なんていうのもおこがましいほどの内容のないショボイ施設だ。入館は大人200円・子供100円。なんでこんなショボイ資料館にお金払って入ったかって言うと、動物ふれあい広場っていうのがあって、そこに入るにはこのつまらん資料館に入館しなければならないからだ。まったく悪徳商法だな。その動物ふれあい広場にはヤギ・羊・ポニー・うさぎがいるのだが、こちらもかなりショボイ。「よくこれで金を取れるよな」というレベル。他には地元物産の売店などもあるが、これらもショボショボ。もうね、お話にならんよ。

070414agriparkryuo3子供向けの遊具もほとんどなし。正直言ってぜんぜん遊べないぞ、ここ。このアグリパーク竜王は3セクらしいが、税金を投入してこんなくだらん施設をよくもつくれたな。どうせつくるなら、せめて丹後あじわいの郷くらいのレベルのものををつくれよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

かに道楽

いまの会社に入社して約2週間たった。これといった実績は残せておらず、そろそろクビになるかとおもっていたところで昨夜は歓迎会。社長を除く全員が新入社員みたいなもので、要するに全員の歓迎会(といっても零細企業なので少人数なのだが)。もちろん社長のおごりだ。

070412kanidoraku

会場はかに道楽、店名は伏せておく。わたしかに道楽は初めて。それなりにおいしいものの、味の割にはちょっと価格が高い印象。自腹で行きたい店ではないな。

会のほうは、予想通り静かな盛り上がりに欠けるもので、どちらかというと食事会といった雰囲気。わたしなんぞは遠慮せずにお酒をガバガバいただいた。どうもご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

アセットM決算

昨日は持ち株のアセットM(2337)前期決算の発表。前期決算の数字自体は前日の上方修正でわかっていたわけだが、問題は今期の予想。ドキドキしながら見たのだが・・・。

前期の数字にちょいとプラスしただけの今期予想。もう株主をばかにしてるね。どうせまた期中に上方修正を出すのだろうけど、あまりに情けない今期予想。高い成長率を維持しているからこそ、MSCBの連発や長期にわたる株価低迷にもガマンしてたわけだが、さすがにここにきてここの経営陣にあいそがつきたよ。ホルダーの皆さんも同様の気持ちなんだろう、本日の株価は大幅下落。

キムラヤセレクトや多田建設のexitが早まるならともかく、こんな会社にもう将来性はないだろう。昨年発行のCBの転換もすすみそうにない。今日からは損切りのタイミングを計ることに専念する。といっても、最近はザラ場の板を見れないので、とりあえず中間配当の権利は取るつもり。損きりを考えるのはそれからにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

続ダイエット

ダイエット宣言をしてから1ヶ月を超えた。

先月はほぼ昼食抜きの生活ですごしたが、職に就いてからは朝食抜きが基本の生活。そのせいか顔がほっそりとしてきたみたい。我が家には体重計なんてものはないので体重の増減はわからないのだが・・・。

仕事の疲れもあってか夕食の量も減ってきていて、ダイエットはいい感じですすんでいる。もともと一気に減らそうという気はなくて、食べる量を調節しながら徐々に減らすつもりだったので、そういう意味ではうまくいっているみたい。ただ酒量と煙草の量が増えているのが気がかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

大幅高で・・・

ホントに久々で株のはなし。

昨日は全体が大幅高で、日経平均もTOPIXも大きくあげてきたらしい。でも新興市場はいまひとつ盛り上がらず、持ち株は相変わらず冴えない動き。そんななか持ち株の森精機(6141)も大幅高で、「いくらなんでも無理だよな」という高値に売り指値しておいたらあっさり約定してた。

勤めに出だしてからは、ザラ場中にまったく見れないので夜間に売買の指値をしておくことになる。これが約定。先月後半にキヤノン(7751)も売却しておいたので、キャッシュポジションはかなり高めになることに。下げてくるようならまた買いを入れる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月 8日 (日)

統一地方選

朝から選挙の投票に行ってきた。

070408sakura投票所になっている小学校の桜は、満開で散り始めていた。風が吹いていたのでまさに桜吹雪、なかなかきれいだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

入学式

本日は長男の入学式。まぁわたしは仕事してたんだけど・・・。

多少の感慨はあるものの、特別な感情はない。元気に育ってくれればそれでいいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月 5日 (木)

転職つづき

就職した会社は零細企業で、給料激安。福利厚生は特にないし、当面は契約社員で結果が出なければクビ。なかなかシビアだ。それでも面白そうな仕事なので入社したわけだが・・・。実際どうなるかはわたしにもわからない。どうなるんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月 3日 (火)

転職

1月に失業者の仲間入りをしてから何もしていなかったのだが、いつまでも遊んでるわけにはいかないので就職した。先週に何度か面接を受けて本日より出社。中小企業(というよりは零細)だが、面白そうなのでこの会社にした。まぁ年齢的に贅沢は言えないし・・・。

今日は特に仕事はなかったんだけど、なんだか面白そうでワクワク。面白いネタがあったら書くことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

『無名』(沢木耕太郎)

沢木耕太郎の『無名』を読んだ。ノンフィクション風の作品。

無名 Book 無名

著者:沢木 耕太郎
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

年老いた父が入院し死んでいくまでを淡々と描写しつつ、父との関係・父への思いを綴っていく。

特別なテーマ・ストーリーではないものの読ませる作品。特にわたしの場合、自分の父の死と重ねて読んでしまうのでこういう作品を読むと胸が痛い。力をいれず、あくまで淡々と描かれているのが好印象。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

スパムがうざい

最近スパムのTBやコメントが異常に多い。多くは海外からで、バイアグラだとかコンドームだとかのサイトかららしい(見ないで削除するので実際のところはわからんけど)。中には口にするのもおぞましいタイトルのもある。国内からもエロサイトからたくさんやってくる。

エントリの内容に多少でも関係があれば商業的なTBやコメントでもそんなに気にしていないが、エントリの内容にまったく関係のないものは基本的に削除する方針。エロサイトなど言語道断だ。

ここのところそういった削除対象のTB・コメントが急増で、削除したさきから新しいのがやってくる状態。こういう奴らに言っておく、地獄へ堕ちろ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »