« 娘が発熱で | トップページ | またまた天翔の湯(大門湯) »

2007年3月15日 (木)

『グランド・ミステリー』(奥泉光)

奥泉光の『グランド・ミステリー』を読んだ。上下巻あわせて九百頁を超える大作。

グランド・ミステリー〈上〉 Book グランド・ミステリー〈上〉

著者:奥泉 光
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

グランド・ミステリー〈下〉 Book グランド・ミステリー〈下〉

著者:奥泉 光
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

太平洋戦争中の海軍が舞台。潜水艦に乗務する海軍士官の主人公が、仲のよかった同期の自殺について調べると・・・。

ミステリーでありSFでもある作品。あちこちでかなり評価が高いみたいだけど、わたしにはそれほどでもなかった。細かく丁寧な描写は冗長に感じるし、興がのってきたところで場面が切りかえられる構成は複雑でとっても読みにくい。ラストもなんだか中途半端で消化不良な印象は否めない。それなりに面白いんだけどねぇ・・・。

|

« 娘が発熱で | トップページ | またまた天翔の湯(大門湯) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『グランド・ミステリー』(奥泉光):

« 娘が発熱で | トップページ | またまた天翔の湯(大門湯) »