« ディパーテッド | トップページ | DVDを売りに行ったら・・・ »

2007年1月25日 (木)

究極のファーストフード吉野家2

前回の「究極のファーストフード吉野家1」では吉野家のいいところは“料理を提供する早さ”だと書いた。そんな吉野家について常々疑問に思っていることがある。それは「並んでまで食べるほどのものか?」ということだ。

近年、米国産牛肉の輸入禁止・輸入解禁にともなう牛丼の販売停止・販売再開のたびに行列を作っていたみたいだが、これがさっぱり理解できない。わたしが会社勤めをしてた時には会社の隣に吉野家があったので時間がないときにはいつも吉野家で昼食をとってたが、あくまで早く・安く食べられるからで、まずいとは言わないまでもうまいと思ったことはない。昼食に2日続けて食べると胸やけがすることもある。

何度も書くが、わたし吉野家の魅力は1に料理提供の早さ2に安さだと思っている。なので行列を作ってしまうとそれだけで一番の魅力を帳消しにしているわけで、吉野家に行く意味がないと考えるのだ。まぁごくごく個人的な考えなのだけど・・・。

そんなわけで、わたしもう10年近く吉野家に行ったことがない、家から徒歩2分のところに吉野家があるにもかかわらずだ。

|

« ディパーテッド | トップページ | DVDを売りに行ったら・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 究極のファーストフード吉野家2:

» 収支報告0314(吉野家) [領収書日記∥RECEIPT DIARY∥]
≪支 出≫ コーヒー代           ▲240円 食 事 代          ▲380円 電 車 代          ▲420円 た ば こ代          ▲290円 総 合 収 支      ▲1,330円 それにしても吉野家は安い。 注文してから料理が出てくるのも早いし、 ビジネスマンには嬉しいかぎりですな。...... [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 11時55分

« ディパーテッド | トップページ | DVDを売りに行ったら・・・ »