« つかしん温泉 湯の華廊(再訪) | トップページ | 大宇陀温泉 あきののゆ »

2007年1月 3日 (水)

『一攫千金の夢』(石川喬・選)

『一攫千金の夢』(石川喬・選)を読んだ。既に絶版になっているようで古本屋で購入。

収録作品は次のとおり。

「ギャンブル狂夫人」(阿刀田高)、「五千万すった男」(夏樹静子)、「懸賞打ち」(三好徹)、「東一局五十二本場」(阿佐田哲也)、「パチンコ必勝原理」(筒井康隆)、「湖底の賭け」(梶山季之)、「鬼殺し」(山村正夫)、「一生に一度の月」(小松左京)、「女流選手」(富島健夫)、「日本版黄金の腕」(青山光二)、「三四郎池の少女」(石川喬)、「黒い手帳」(久生十蘭)。

かなり古い作品ばかりで、既に古典ともいえるべき作品も多い。若干古くささを感じるのはいたしかたないが、どちらかというとミステリー系統の作品が多く、タイトルどおりの純粋なギャンブル小説が少ないのは残念。楽しみにしてただけに期待はずれだった。

|

« つかしん温泉 湯の華廊(再訪) | トップページ | 大宇陀温泉 あきののゆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『一攫千金の夢』(石川喬・選):

« つかしん温泉 湯の華廊(再訪) | トップページ | 大宇陀温泉 あきののゆ »