« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

ホテル・ルワンダ

久々にDVDを借りてきて『ホテル・ルワンダ』を観た。劇場公開時に観に行けなかったので、DVDになるのを待っていた作品。実話に基づいたお話しだそうだ。

DVD ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2006/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1994年に起こったルワンダでの大量虐殺を描いた作品で、民族抗争が大量虐殺に発展するなか、家族とホテルの宿泊客・ホテルに避難してきた難民を救うために闘うホテルの支配人のお話し。理不尽な虐殺の悲惨さを描くと同時に、現実的に粘り強く闘う男を描いていく。次々と襲ってくる絶体絶命のピンチに、主人公はあきらめることなく立ち向かっていく。

興味深く観ることができた。実話がベースということだが、エンターテインメントとしても充分楽しめる作品。ただ民族間の対立の理由をもう少ししっかりと説明してほしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

この1年・・・

昨日の大納会で今年の取引も終り。で、1年を振り返ってみると・・・・。

利益確定は500万弱、受取配当金は60万強。これだけみるとまずまずだが、年初の資産額より約1000万減、つまり含み益を1000万とかしたってことだ・・・。かなり悲しいぞ。○| ̄|_

いいタイミングで売れてないんだな、売ると上がるしホールドしてると下がるし・・・。まぁ全部現物なので気長にやってくつもりだが、来年は今年よりもいい成績をあげられるようにがんばりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

007/カジノ・ロワイヤル

昨夜はなんとか時間をつくってTOHOシネマズ二条『007/カジノ・ロワイヤル』を観た。けっこう評判がいいので期待してたんだけど・・・。

アクションシーンはそれなりに見ごたえがあるものの、ころころアングルが変わるので観にくい。また、せっかく仕掛けた盗聴器が一度も使用されなかったり、ボンドカーがほとんど威力を発揮しないまま大破したりと、意味のないシーンが多くてダラダラと長くなっている。

今回のジェームズ・ボンドはまだ駆け出しの「00」という設定なのだが、破天荒で騙されやすいただのマッチョという印象。こんなおまぬけな諜報員がいたら見てみたいもんだ。この映画のジェームズ・ボンドには正直がっかり、幻滅したぞ。後半部分のダラダラとしたボンドの恋は、「この映画ってラブストーリーだったっけ?」と思わせるほどつまらない。もう少しうまくまとめてほしかった。

お気楽に楽しむにはまずまずの映画だけど、上記したようにつっこみどころ満載。期待してただけにガッカリだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

12月権利とり

17,000円を越えた位置ででも日経平均は堅調だが、持ち株は相変わらずさえない動き。

仕事で走り回っているうちにいつのまにか今月の権利日が過ぎていた。今月権利をとったのはキヤノン(7751)のみ。先月末の急落したところで仕込んだのだけど、購入後すぐに上げてしまったのでちょっと仕込み足りない状態で、権利をとったのは少しだけ。もうちょっと買っておきたかったなぁ。

さていよいよ今年も残り2日半、指数は最後まで上がり続けるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

仕事のトラブルで

またまた仕事のトラブルで気が狂いそうになっている。このままだと年末年始もあったもんじゃない。しばらく更新できない日が続きそう。

ところで「吉川温泉」で検索してこられる方が急増中。TVで紹介でもされたんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

税金対策で損きり2

本日も日経平均は堅調、ただ値下り銘柄数が1,100オーバーってことは指数だけが上昇してるってことか。実際わたしの持ち株もボロボロ状態。

で、今日も節税のための損きり。とりあえず年初の高値から半値近くまで下がったインパクト21(9944)を売却。ダヴィンチA(4314)をクロスして、損失を確定しながら保有は持続。あとこちらもクロスで損失確定しようと思っていたアセットM(2337)は、あまりの下げっぷりについついナンピンしてしまった。まぁ来週も下げるようなら損きりするけど。さてこのナンピン吉とでるか凶とでるか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月20日 (水)

税金対策で損きり

今日は日経平均が反発して一気に17,000円オーバー。「昨日の下げはなんだったの?」って感じだ。ただ指数の上昇の割には持ち株の戻りはいまひとつ。下げるときだけきれいに連動して上げるときには反応薄というイヤな流れ。

年末の税金対策で、持ち株のうち含み損を抱えた銘柄はそろそろ一旦売却しなければならない。で、今日はトーメンデバイス(2737)を売却。流動性が低い銘柄なので全部売れるかどうかヒヤヒヤしたが、なんとか全部売れた。明日以降下げてくるようなら買い戻すかも・・・。

先週からいくつか売り指値を入れているのだがなかなか約定しない。今日ようやくひとつが約定したわけだが、あと2銘柄は損きりの予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

禁煙中止

前回「禁煙に対する情熱が薄れてきて」って書いたんだけど、実際どうでもよくなってきて禁煙中止を決定。先々週の実家への帰省時に煙草を買って吸った。約5ヵ月で終了。けっこうがんばったのか、それとも意志薄弱だったのか・・・。

ただ目の前にあるとバンバン吸っちゃうので、基本的には普段は吸わずどうしても吸いたいときだけ買うというスタンスでいくつもり。まぁこのスタンスもいつまで続くのかわからないが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年12月17日 (日)

『ヒート アイランド』(垣根諒介)

垣根諒介の『ヒート アイランド』を読んだ。ハードボイルドタッチのクライムノベル。

ヒートアイランド Book ヒートアイランド

著者:垣根 涼介
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

やくざなどの裏金を盗む窃盗団と、彼らが盗んだ金を奪った若いストリートギャング集団、さらに金を奪われたやくざと地元利権を持つやくざが入り乱れて激しい攻防を繰り広げる。

軽く読む分には充分楽しめるエンターテインメント作品。ただキャラクターの掘り下げが弱いのと、淡々とすすむ物語のためか今ひとつ緊迫感が伝わってこない。期待してただけにちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

障子張替え

本日は、子供たちにビリビリに引き裂かれたままになっていた障子紙の張替え。ホームセンターで障子紙、糊、はがし剤を買ってきての作業。作業自体はたいして難しくもないのだがなんだかとっても疲れたよ。

新しい障子紙になって、外から見られることもないのでとっても嬉しいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

簿記3級合格

先月受けた日商簿記3級の試験は合格だった。まぁ3級なんて合格しててあたりまえで、落ちたりしたら恥ずかしくって書けないわけだが・・・。次回は2級に挑戦の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年12月15日 (金)

1年が過ぎて

このブログを書き始めてから1年が経った。たいしたことを書いてるわけではなくて、タイトルどおり日記に過ぎないにもかかわらず多くの方に来ていただいたようだ。

特に9月に書いた『たけうち破産』のエントリにはびっくりするくらいのアクセスがあった。皆さん情報を求めて検索してこられたみたいなのだが、たいした内容のことを書いていなくて申し訳なく思っている。

正直よく1年もつづいたものだと思っている。いつまで続けられるかわからないが、今後ものんびりと書いていくつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍徳温泉

12月11日(月)

実家から家へ向かって帰る途中、岡山県和気町でちょいと寄り道、龍徳温泉へ。R374を和気鵜飼谷温泉より少し北に行き山の中に入ったところにある日帰り入浴施設。案内看板があるので迷うことはない。写真1でもわかるが意味不明の置物が多く怪しさ満点。

061211ryutoku1061211ryutoku2男風呂・女風呂以外にも家族風呂・夫婦風呂がある。脱衣所から扉を開けて男風呂浴場へ入ったのが写真2。大き目の露天風呂がひとつだけ。洗い場はカランが3つだけと狭く、露天スペースにあるため冬場は少しつらいかも。お湯は無色・透明・無味・無臭で特徴はないが、湯上りには肌がスベスベだった。写真でわかるが、露天風呂のすぐ向こうは山でお風呂にも置物が多い。温泉使用状況が掲示されていないので湯上りに経営者らしいおっさんに訊いたのだが、お湯は循環なしで加温・掛け流しとのこと。湯量豊富なようで使ったお湯は冷ましてから川に流しているとのこと、「もったいないけぇ、鵜飼谷温泉にやりたゃあくらいじゃあ。」だそうである。

大人500円、脱衣所にロッカーはなく脱衣かごのみ、脱衣所手前に貴重品ロッカーがある。シャンプー・ソープ・ドライヤーあり。湯上りの休憩スペースあり。

露天のみでお湯に特徴がないのでわざわざ行くほどではないが、すいているので穴場かも。気さくな経営者とアットホームな雰囲気と怪しげな置物とで印象に残る温泉だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月14日 (木)

法事の席で

12月10日(日)

この日は親戚の法事に出席。そこでいろんなトラブルが発生。とっても疲れた一日になった。

特にたいへんだった事件は仕上の食事の席で起こった。食事もほぼ終りデザートを残すだけになったころ、高齢のおばあさんが突然意識を失った。出席者のなかにいた看護士のおばさんが急いで気道を確保して介抱する。救急車が呼ばれ一同が騒然となるが、介抱のかいがあり救急車が着いたときには意識も戻り、なんとか落ち着いた様子でひと安心。

結局救急車には乗らず、家の人に迎えに来てもらったのだが、このおばあさん意識を失うことがよくあるらしい(もちろん危険である)。まぁ法事の席で新たな葬式を増やさずにすんでよかったよ。

この騒ぎのせいで、デザートのアイスクリームがほとんど融けてしまっていたのは言うまでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リサイクルショップに来てもらった

12月9日(土)

この日は実家近くのリサイクルショップに実家まで来てもらった。実家に置いたままになっている業務用冷蔵庫・冷凍庫、マッサージ器などを引き取って貰おうと思って来てもらった。

しかし古いという理由で引き取ってもらえなかった。結局は事務机などを3千円で引き取ってもらえただけ。古い電器製品は売り物にならないようで引き取ってもらえない。

冷蔵庫・冷凍庫の大物をどうしたものか・・・頭が痛い。送料さえ負担していただければ差し上げますので御希望の方はご連絡を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

お好み焼き 吉甲

12月8日(金)

この日の昼食は福山市新市町のお好み焼き 吉甲へ。R486から狭い道を入ったところ、東証2部上場の自重堂の本社のすぐ近くにあるお好み焼きのお店。もちろんいわゆる広島風である。かなりの人気のようで、ひっきりなしに注文の電話が入っていた。

061208kikko1061208kikko2

そばホルモン玉セミダブル800円をいただく。セミダブルというのはそばが1玉半ということ。シングルだと1玉、ダブルだと2玉になる。焼いてるところを観察してたのだが、焼き方は以下のとおり。

鉄板のうえに生地を薄く引きその上にキャベツをのせ、さらにそばと具のホルモンをのせてしばらく焼く。ある程度焼けると上から少し生地をかけてひっくり返す。しばらく焼いたあと鉄板に卵を落し、そのうえに焼いていたお好み焼きをのせてさらに少し焼く。充分焼けたところでひっくり返して、ソースなどをかけて出来上がり。

味のほうはまずまず。焼き方はいいが、この値段なら生地にもうひと工夫ほしいところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保証債務の確認

12月8日(金)

この日は朝から実家の近くの農協へ。前に「キターーーーーー!」と「キターーーーーー!その2」というエントリで書いた連帯保証債務についての確認のため。

内容については以前に電話で確認したとおりなのだが、今回新たな事実が2つわかった。ひとつはもうひとり別の親戚も連帯保証人になってること。そしてもうひとつは借主の自宅の土地建物に抵当権が設定されていること。このことを聞いて少し安心。まぁ完全に安心できるわけではないのだが・・・。

件の親戚に後日直接聞いたところ、現在弁護士に依頼していて、2月まではすべての支払いはストップの状態なのだということ。ということは弁護士は3月くらいには各金融機関に何らかの提案をするということなのだろう。それまではどうなるかわからないということなのだが、さっさと纏めてほしいところだな。

ところで農協の別の支店には別の保証債務もあったのでそちらも確認することに。そちらの保証債務は、借主が別の保証人をたてたので私たちは保証人から外れているとのこと。ホッとしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2006年12月12日 (火)

吉川温泉 よかたん

12月7日(木)

ミリカ天然温泉 千里の湯で入浴のあとは兵庫県三木市(旧吉川町)まで行き、吉川温泉 よかたんへ。中国道吉川ICから比較的近いところにある日帰り入浴施設。入り口横には無料の足湯がある(写真2)。最近家族風呂を巡ってもめているようだが、単に兵庫県の役人がアホなだけだな。

061207yokatan1061207yokatan2浴室に入ると湯気がモウモウで視界は3Mほど、換気が悪い。内湯には主浴槽と源泉浴槽があり、開放感のある露天スペースには浴槽が1つ。すべての浴槽で温泉使用。内湯主浴槽と露天風呂は無色・透明・無臭でほんのり塩味、少しつるつる感あり。加水(10倍希釈)・加温・循環・ろ過・塩素消毒あり。5~6人でいっぱいの小さな源泉風呂は、うっすらと濁りがあり塩味もあるがつるつる感はなし。炭酸ガスを多量に含有しているようでかなり息苦しい。意外にも泡つきはほとんどなかった。加水(2倍希釈)と塩素消毒をしたお湯が掛け流し。

大人600円、靴箱はコイン不要で、受付で靴箱の鍵を預けて脱衣ロッカーのキーを受け取るしくみ。シャンプー・ソープ・ドライヤーあり、湯上りの休憩スペースあり。

源泉風呂の炭酸ガスはかなりの量だ。希釈してなかったら呼吸困難に陥るのだろうか? 特徴があって人気なのも納得。ただ源泉風呂はせまく湯温が人肌のため、常に満員でなかなか空かないのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミリカ天然温泉 千里の湯

12月7日(木)

帰省の途中、吹田でちょいと寄り道。ミリカ天然温泉 千里の湯へ。千里丘にあるスーパー銭湯タイプの日帰り入浴施設。少しわかりにくい場所だが、ところどころに案内の看板があるので迷うことはない。今月いっぱいで営業終了とのことなので慌てて行ってきた。

061207mirika1061207mirika2広々とした内湯にはいくつかの浴槽があり、こちらも広々として開放感のある露天スペースには浴槽が3つ。温泉使用は内湯主浴槽と露天の浴槽すべて。内湯主浴槽と露天の真ん中の浴槽(写真2左側)は無色・透明・無臭で加水・加温・循環・ろ過・塩素消毒あり。露天の新源泉風呂(写真2右側)は若干の濁りがありろ過されていないお湯。露天の源泉風呂(写真1)は黄緑濁のお湯で加水とろ過がなし。すべての浴槽で塩味がする。当然源泉風呂のお湯が一番濃い。湯上りもポカポカでよくあったまる。入浴中は気にならなかったが、湯から上がると体から若干の塩素臭が・・・。

大人1,200円(営業終了までの平日は「ありがとうキャンペーン」ということで800円)、靴箱は100円投入・返還式で脱衣ロッカーはコイン不要。タオル・バスタオルの無料貸し出しあり。シャンプー・ソープ・ドライヤーあり、湯上りの休憩スペースあり。

まずまずいいお湯で今月での営業終了が惜しまれる。ただ掛け流しの浴槽がなく、タオル付とはいえ1,200円はちょっと高い印象で、800円が妥当なところか。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年12月 7日 (木)

法事で

法事のため帰省。次は火曜日くらいの予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 6日 (水)

もうじき5ヶ月だけど・・・

久々に禁煙ネタ。

禁煙スタートからもうすぐ5ヶ月になるのだが、最近はなんだか禁煙に飽きてきた。普段はまったく吸わないし気にもならないのだが、たまに吸いたいと思うときがあって、そういうときにはグッとガマンしてきた。ただ最近はなんとなく禁煙に対する情熱が薄れてきて、「どうでもいいや」という気になりつつある。

年内くらいは続けようと思ってたのだが、それすら「どうでもいいや」と思ってしまう今日この頃。中だるみなのかなんなのか?このブログの禁煙カテゴリを始めから読み返してみようかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

生活のリズムが・・・

最近生活のリズムが狂っているようで、夜にぐっすりと眠れない。眠っても1時間か2時間で目覚めてしまい、起きると冴え冴えで朝まで過ごすことが多い。おかげで日中はとても眠くてなんだかお疲れモードに・・・。

今週末はいろいろと忙しいのでなんとか元のペースに戻したいところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

インサイドマン

劇場公開時に観に行けなかったのでDVDを借りてきて『インサイドマン』を観た。あっと驚く手口の銀行強盗を描いたクライムムービー。

インサイド・マン DVD インサイド・マン

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2006/10/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この映画は、銀行強盗の巧妙な手口が見ものだが実力派俳優のキャスティングもなかなかで、若干緊迫感に欠ける展開もクライブ・オーウェン、デンゼル・ワシントン、ジョディ・フォスターなどの演技のおかげでかなりひきしまったサスペンス映画になっている。

犯人たちの意図がはっきりと描かれないのでその点では中途半端な印象は免れないが、充分楽しめる映画だ。洒落たラストもなかなかよろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

ユナイテッド93

DVDを借りてきて『ユナイテッド93』を観た。9.11のテロのときにハイジャックされた4機のうちの一機で、唯一目標の建物に突入できなかった旅客機のお話し。

ユナイテッド93 DVD ユナイテッド93

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2006/11/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

実話をベースにつくられた作品。ドキュメンタリータッチで描かれるので前半は少々退屈な展開。ただ何が起こるのかがわかっているので我慢できる。乗客がハイジャック犯に逆襲する展開は手に汗握る。

とても興味深い作品だ。一歩下がったところから客観的に描いている作品で、淡々とした印象を受ける。それでもぐいぐいと物語に引き込まれてしまうのは実話だからだろうか?ラストシーンの衝撃は強烈だ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »