« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

ヤバイかも・・・

禁煙をはじめてから約2ヵ月半が経過。よく続いたものだ。ただそろそろヤバイかもしれない。

というのも、ここのところ仕事のことで思うようにいかないことが多くて毎日イライラ。ストレスが溜まりっぱなし。イライラしてると妙に煙草を吸いたくなってしまう。この状態が続くと、せっかく続いた禁煙生活とお別れすることになってしまうかも・・・。

前に「禁煙に重要なのは自分で買わないことのようだ。」って書いたけど、今回はそれにひとつ追加する。禁煙に重要なのは自分で買わないことストレスを溜め込まないことのようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月29日 (金)

運動会の季節

スポーツの秋というが、我が家では明日・明後日と連続で運動会。明日は保育園で子供たちが、明後日は学区内の町内対抗運動会で私と嫁さんが出場。

町内対抗は昨年はじめて出てびっくりしたのだが、我が町内の高齢化の激しいこと。子供を除くと、男性最年少は私で、20台は一人もいないし、私の次に若い方は50歳近い。この状況では休むわけにはいかない。私が休むと60歳を超えたお爺さんたちが老体に鞭打って走り回らなければならないわけで、さすがにそれは申し訳ない。

というわけで今週末は運動会三昧だ。ただ、天気予報によると日曜日は雨が降りそうな気配。天気がもってくれればいいのだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

日本ハムの憂鬱

プロ野球パ・リーグのレギュラーシーズンは、日本ハムが1位で西武が2位ソフトバンクが3位に決まった。ただこの順位がプレーオフの組み合わせを決める程度の意味しかないのが残念だ(もちろん上位の方が有利にはなってるが)。

今年のパ・リーグは稀にみる大混戦で、残り2~3試合で上位3チームが2ゲーム差のなかでしのぎを削るというこれ以上ない緊迫した終盤戦だった。ただここに水を差したのはプレーオフの存在。上位3チームはすでプレーオフ進出は決定済みであり、日本ハムは高いモチベーションで1位通過を果たしたものの、西武とソフトバンクはプレーオフに照準を合わせているような印象を受けた。プレーオフがなければ、最後の数試合がもっと白熱したものになったと思われる。

そもそも私はプレーオフ反対派で、レギュラーシーズンの1位にこそ価値があると考える。だから日本ハムが全力で1位を勝ち取った反動がプレーオフで出ないか心配だ。杞憂に終わればいいのだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

『白夜行』(東野圭吾)

東野圭吾の『白夜行』を読んだ。850頁を超える大作のミステリーで、少し前にTVドラマ化されてたらしい。

白夜行 Book 白夜行

著者:東野 圭吾
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この小説で特徴的なのは、解説で馳星周もふれてるが、メインの登場人物である亮司と雪穂の内面が一切描かれないこと。そしてこの二人の接点が一切描かれないこと。これらが描かれないうえ、多くの事件がひとつも解決しないので中途半端な感じが残ってすっきりしない。また、全体的にリアリティに欠ける設定が多くて、「そんなん無理やろ」とか「そんなに都合よくいくかよ」とか突っ込みたいところは多い。

これらの欠点があるにも関わらず私がこの大作を一気に読んでしまったのは、その絶妙なストーリーテリングにある。いろんな事件やエピソードが複雑に絡み合っている割には、登場人物や事件の関係がすっきりしていて整理しやすいし、次が読みたくなるような展開が続くので寝る間を惜しんで読むことになってしまう。東野圭吾恐るべし。

ところで、私はもちろんTVドラマを観ていないが、読後の感じとしては、この作品をドラマ化するのはかなり難しそうだし、ドラマ化してもあんまり面白くないだろうという印象なのだが・・・実際どうだろ?

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年9月25日 (月)

9月権利確定

今日は9月の権利確定日だというのに全体は方向感に乏しい動きで、上へ下へと忙しい。どっちに向かっていくのかわかりづらく参加しにくい雰囲気、ブルーチップが堅調で新興が崩れた印象。しばらくこのあたりで低迷か?一段下も覚悟しないと。

今月の権利を取ったのは下記の3銘柄。

トーメンデバイス(2737)・・・優待

森精機製作所(6141)・・・配当

トヨタ自動車(7203)・・・配当

3銘柄とも見事に含み損。今月せっせと買い集めたのは森精機製作所(6141)。ここまで下がるとは想定外だ。まぁ配当は悪くないので、3月の権利を取るつもりでのんびりといきますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

登場人物が煙草を吸うので・・・

順調に禁煙は続いているわけだが、金曜日に知人にもらって3,4本吸った。特別おいしいとも思わなかったが・・・。前にも書いたが、自分で買って吸うのは完璧にアウトだが、少しだけもらって吸う分には問題ない。

ところで、現在読んでる小説は登場人物がやたらと煙草を吸う。こんな小説読んでるとこっちまで吸いたくなってしまうから困ってしまう。小説読み終わるのが先か、煙草を買いに行くのが先か微妙なところだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

宮ヶ浜の湯 休暇村近江八幡

昨日は所用でひとりでお出かけ、ちょいと滋賀県まで。せっかくなので近江八幡でちょっと寄り道して、宮ヶ浜の湯へ。近江八幡市街からはずれて琵琶湖岸にある休暇村近江八幡の東館内にある温泉。休暇村の前には琵琶湖内で最大の島の沖島が見える。

060922miyagahama1今月号の『温泉博士』に温泉手形がついていたので、受付でそれを提示して入浴希望を告げると、受付の姉ちゃんは『温泉博士』をもって受付奥の部屋へ行き、「どのスタンプを押すんですか?」なんて訊いてた。わたし「早くしろよな、まったく!」と思いながら待った。ようやく戻ってきてスタンプを押したかと思うとその姉ちゃん、何を思ったのか「700円になります。」だって。私ね、もう苦笑するしかありません、何のためにスタンプを押してもらったの?わたし。で、「これで無料で入浴できるんでしょ?」ってたずねると、「そんなこと書いてあるんですか?」だって。もうね馬鹿かと、アホかと。ちょっと考えたらわかるだろ。スタンプラリーかなんかだと思ったのかね。「ここに書いてあるんだけど。」って言ったらしばらく読んでたよ、そのアホな姉ちゃん。で、一通り読んでから「じゃ、どうぞ。」だって。「申し訳ございませんでした。」くらい言えんのか! もう私切れかけでね、「責任者出せ!」って言葉をぐっと飲み込んでから浴場へ向かったのよ。いくら無料で入浴できるとはいってもちょっと許せん対応だ。休暇村近江八幡の責任者に言っとくけど、従業員にきちんと説明しとけよな。あとな、アホな従業員はクビにしろ!

060922miyagahama2060922miyagahama3浴槽は内湯にひとつと露天風呂にひとつでいたってシンプル。露天風呂は屋根付・柵付で開放感に乏しい。お湯は無色・透明・無味・無臭でかすかに塩素臭。特別な浴感もなくまったく特徴なし。塩素臭がきつくないのがせめてもの救いだ。加水・加温・循環・ろ過・塩素消毒あり。

ここのウリはその眺望ってことになってるのだが、写真3でもわかるように景色のほとんどは沖島。広々とした琵琶湖が望めるのかと思ってただけに(沖島も琵琶湖の一部ではあるが)正直がっかり。

大人700円、靴箱・脱衣ロッカーともコイン不要。シャンプー・ソープ・ドライヤーあり。湯上りの休憩スペースはほとんどない。

お湯に特徴がないうえに眺望もたいしたことないのでわざわざ行くほどではない。っていうか二度と行かん!だいたいお湯と施設だけ考えてみても700円はかなり割高。そのうえ従業員がアホときてるんだから行く価値まったくなし。言葉が汚くて申し訳ないがクソだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

ちょいとお疲れ

最近すっかり秋らしくなってきたのはいいのだが、そのせいかちょいとお疲れ気味。明日は久々にひとりでお出かけの予定なので今日は早く寝ることにする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月20日 (水)

よく下がる

タイのクーデターの影響があるのかどうかは知らないが今日も大きく下げてきた。ここんとこ全体の雰囲気はかなりよくない。9月の権利日が近いってゆうのに・・・。

持ち株もここんとこさっぱりで快調に下げ続けてる。特に今月になって下で集めてる銘柄なんて、含み損拡大中だ。まぁ配当もらうつもりだし、来月あたりの上方修正を期待してるからいいんだけど・・・。

下げ続ける持ち株のうちひとりがんばってるのはトーメンデバイス(2737)。どこかの証券会社でレイティングを引き上げたらしくて昨日から出来高をともなって急騰。そもそも日々の出来高が少ない銘柄なのでちょっと買いが集まるとすぐに株価が上がってしまうようだ。この調子でしばらく上がってくれると嬉しいんだけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月18日 (月)

『日経ビジネス』

ついに『日経ビジネス』が届かなくなった。契約更新してない(お金払ってない)んだから当然なんだけど・・・。

この雑誌、気合の入った面白い記事もけっこうあるんだけど、つまらない記事もかなり多い。先日「たけうち破産」というエントリィでも少し触れたけど、悪徳商法で問題視されてる企業を思いっきり持ち上げたうえにその企業が破産するんだから格好がつかないねぇ・・・。たしか「大学発のベンチャー」の特集でも無茶な記事を書いて取材先からクレームを受けてたはず。こういういいかげんな記事やみえみえのヨイショ記事がかなり多くて、なんだかなーな印象が強い雑誌だ。おまけに広告がやたらと多くてかなりウザイ(広告が多いのは仕方ないけどね)。

で、費用対効果を自分なりに考えて契約満了時に更新せず(お金を払わず)に放っておいた。それが4月の終り頃のこと。それから4ヶ月、頼みもしないのに毎号送られてきていたが、ついに先月末の号をもって終了したようだ。届いたら届いたでやっぱり読んじゃうわけだけど、届かなくなって正直ホッとしてる今日このごろだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

野半の里温泉 蔵乃湯老鶴館

昨日は家族でお出かけちょいと和歌山県かつらぎ町まで、野半の里温泉 蔵乃湯老鶴館へ。JR和歌山線笠田駅から近い野半の里の中にある日帰り入浴施設で、野半の里にはこのほか地ビール工房や食事処・土産店などもある。車の運転がなければ湯上りに地ビールで一杯やりたいんだけどねぇ・・・。

060916nohan1 純和風の趣ある建物はとってもいい雰囲気。酒蔵をそのまま利用しているらしい。

浴槽は内湯の主浴槽・小浴槽・釜風呂と露天風呂の4つあり、4種類の源泉を使い分けている。すべての浴槽で飲泉できる。

主浴槽は広々、黄土色・半濁・無臭だが塩味有り。第一源泉第四源泉の混合泉で、その割合は1対6。第一源泉はかなり濃厚で、第四源泉で6倍に薄めてるわけだがそれでもかなり濃い印象。

小浴槽は第三源泉利用。ちなみに第三源泉はただの井戸水なので特徴のない湯。

釜風呂は2つあり、第四源泉の単独利用、水風呂と掲示されていて実際冷たい。無色・透明・無味・無臭で特別の浴感はないものの飲むとヌルッとした感じがある。

露天風呂は第ニ源泉利用、無色・透明・無味・無臭で特別の浴感はないものの飲むとマイルドな感じ。

釜風呂以外の浴槽で加温あり、主浴槽以外の浴槽では鉄分とマンガンが除去されて使用されている。それ以外の温泉使用状況について掲示がなかったので推測になるが、オーバーフローは若干あるものの、浴槽内部から湯が出てたので循環・掛け流し併用ではないだろうか。塩素消毒については不明(臭いはなかった)。

大人800円、靴箱はコイン不要で受付で靴箱のキーを預けて脱衣ロッカーのキーを受け取る仕組み。脱衣所はあまり広くない。シャンプー・ソープ・ドライヤーあり。湯上りの休憩スペース有り。

いやーいいお湯でした!建物全体の雰囲気もいいし、わざわざ出かけて行ったかいがあった。特に第一源泉はその濃厚な成分がヒシヒシと伝わってきた。できれば100%の第一源泉に入ってみたいところ。またすべての浴槽で飲泉できるので、入浴しただけでは気付かない源泉の特徴が、飲んでみるとはっきりわかるのがいい。また行きたい温泉だ。ただ、うちからはちょっと遠いんだよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月15日 (金)

夜間取引

今日は日経平均が反落、新興市場や中小型株は相変わらず冴えない状況。まぁ今週が軟調なのはある程度想定済みだった、ここまで下がるのは想定外だったけど・・・。

配当の権利日が近づいてきたにもかかわらず、期待の銘柄はバーゲンセール状態。今日もせっせと仕込んだよ(いわゆるナンピンね)。今日の安値で購入できて引けでは大きく戻してたのでまずは成功。でも今日の安値を下回ってくるとかなりつらいな・・・。来週の上昇に期待、まぁ下がれば買い増すけどね。

本日よりカブドットコム証券で夜間取引が開始。今日からということもあってまだ取引規模は小さいがAOCHD(5017)なんて東証の終値より大幅高だ。このマーケットが週明けのマーケットにどう影響を与えるのかとっても興味深いところ。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年9月14日 (木)

2ヶ月突破

禁煙開始から2ヶ月が過ぎた。先週は「煙草を吸いたいと思うことが多くなってきた」って書いたけど、今週はちょっと落ち着いてきた。このまま永遠の禁煙生活を続けられるのか、どうだろな?

そもそも何の予備知識も持たず思いつきではじめた禁煙なので、禁煙について検索して調べたりしたことがない。だから、何週目くらいが一番吸いたい気持ちが強くなるとか何ヶ月目くらいに誘惑に負ける人が多いとかの情報を何にも持っていないわけだ。そんな統計があるのかどうかは知らないが、そういった情報が励みになるのだろうか、もしくはへんに意識してしまって失敗につながるのだろうか。ちょっと禁煙してる人のサイトやブログを覗いてみようかな・・・。

ところで昨日、ついに自分で煙草を買ってしまう夢をみた。自分で思っている以上に体はニコチンを求めてるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年9月13日 (水)

IPO ミクシィは・・・

今日は日経平均が少し反発したもののハイテク中心の動きだったようで、TOPIXはマイナス、東証一部の値下り銘柄数も1,200と、全体的にはへの動きだった印象。先週後半からちょっと向きの雰囲気が出ていたところ、一昨日の機械受注が引き金を引いた格好で、今週はどーんと下げてしまった。

持ち株も影響を受けまくりで、金曜日からたった3営業日でずいぶんと下げてしまった。その分下でせっせと仕込んでるんだけど、仕込む先から含み損になるのでちょいと落ち込み気味。今日なんて「朝高後は下げる」という予想が見事に的中しながら朝売ってないんだもんね。いつも予想通りにいくならとっくに大金持ちになってるはずで、だからそうそう自分の予想をを信じられない。悲しいね。

明日はいよいよ話題のミクシィ(2121)が上場。補欠当選で購入申し込みをしていたが、予定通りはずれ。初値200万はかたいなんて話もあるみたいで、当った人はおめでとうございます。ただ当らなかったからではないが、この株には申し込み前から気になってたことがいくつか・・・。

・いくら急成長の会社だからって公募価格は高すぎないか?

・先日上場したネットエイジグループ(2497)と同じく大株主のロックアップがないらしい(ちなみにこの会社がミクシィ(2121)の大株主だそう)。ネットエイジグループ(2497)株は上場後まもなく高値をつけながら大株主の怒涛の売りで一時暴落した。この株も危険かも・・・。

なんか危険な匂いがプンプン、私は当選したら初値で逃げるつもりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年9月12日 (火)

『なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?』(小堺桂悦郎)

先日本屋さんの店頭でタイトルに魅かれてつい買ってしまった『なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?』(小堺桂悦郎)を読んだ。サブタイトルが「誰も教えてくれなかった!裏会計学」となっていて、どこやらの会計士が書いたさおだけやがどーしたこーしたの二番煎じってのは買う前からわかっていたわけだが・・・。

なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学 Book なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学

著者:小堺 桂悦郎
販売元:フォレスト出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この作者は元銀行員の会計コンサルタントって肩書きなのだが、かなり頭が悪いとみた。少なくとも、個人事業主である私は「こんなアホなコンサルには絶対頼まんよ!」というくらい内容のない本だ。まずタイトルの「なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?」は「なぜ、社長のベンツは2ドアじゃないのか?」という設問の裏返しなワケだが、この自らの設問に対してこの作者は明確な解答を用意していない。そりゃ文脈からなんとなくわかりますよ、「2ドアだと税務署が認めてくれない」ってことくらい・・・。でもね、わざわざタイトルにまでしたんだからきちんと説明してほしいわけよ読者としては、実例を挙げるとか税務署の見解を聞いてくるとか・・・。まさか作者の勝手な妄想じゃないだろうね。

一事が万事この調子で書かれていて、どうも信用できない話しが多い。特に第五章「なぜ、ラブホテル経営者は税金を払わないのか?」にいたっては、この設問に対する解答がまったく見つからない。「どこかの文脈のなかにそれらしい理由が書かれてるのでは」?と好意的に探しても見つからない。まさか「払いたくないから」ってんじゃないだろうね?

そもそもこの本は、「何を、誰のために」書いたのかがよくわからん中途半端な本だ。ベンツの話しに出てくる“減価償却”、“耐用年数”だとか“リース利用による一括損金(経費)処理”なんてことは中小企業経営者や個人事業主には常識だし、逆に簿記や会計知識に乏しいサラリーマンには少々難しい話しだ。また話に一貫性がないため、作者が言いたいことが全然伝わってこない。

普通に読めば、この作者かなりいいかげんに書いているか文章を書く能力が著しく劣っているかのどちらかだとすぐにわかるのだが、その程度のものを本にしてしまうなんてこの出版社自体がかなりいいかげん。タイトルで惹きつければ売れるだろうという安直な経営姿勢だな。まぁ騙された私が偉そうなことは言えないが・・・。少なくとも私はフォレスト出版の本は二度と買わない。

ただ全部がひどいってワケじゃなくて、なかには「なるほどー」って感じながら読めるエピソードもあるにはある。軽ーく(軽薄って程度の意味ね)読む分には悪くはないが1,470円は高すぎだ、せいぜい300円、大目に見ても500円程度の内容だ。会計学の本だと思って読むと腹も立つが、税金にまつわるヨタ話だと思えばちょうどいいのかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

『外れ馬券に春よ来い』(藤代三郎)

藤代三郎の『外れ馬券に春よ来い』を読んだ。この作品は、2005年の『週刊Gallop』に連載されたコラム「馬券の真実」をまとめたもので、毎年出版される『外れ馬券-』シリーズの最新刊。

Book 外れ馬券に春よ来い

著者:藤代 三郎
販売元:ミデアム出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

個々のレースを取り上げて、「どうして当り馬券を買えなかったのか(はずれ馬券を買ってしまったか)」について、そのときの心理状態を含めて自己解析するのがこのコラムの特徴で、「頭の中がぐるんぐるん」になったり、「心が千々に乱れ」たりと、馬券(特にはずれ馬券)を買う人間の心の機微を見事に表現しているのがこのコラムの魅力。当り馬券についてはあまり言及せずに、はずれ馬券についてだけ取り上げるのもこのコラムの特徴で、人がはずれ馬券を買った話しなので楽しく読める。

私この『外れ馬券-』シリーズが出版されるのを毎年楽しみにしている。いまではすっかり競馬から足が遠のいてしまったので馬の名前やレース名を聞いてもさっぱりわからないが、そんなことには関係なくこのシリーズは楽しめるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年9月10日 (日)

X-MEN:ファイナルディシジョン

昨夜は龍門 大宮店で夕食のあと、TOHOシネマズ二条『X-MEN:ファイナルディシジョン』を観た。人気アメコミの実写映画化作品の3作目、話しの流れから前2作を観てないと少しわかりにくい。私は前2作の内容を半分くらい忘れかけてたので思い出すのに苦労したよ。

060909xmen_fd前2作を受けて本作は完結編(だと思う)。相変わらず金のかかったアクションシーンは迫力があって見ごたえ充分。ゴールデンゲートブリッジを動かしてアルカトラズまでつないじゃうとはね・・・、そんなことしなくても跳んでいけないか?あれくらい、ミュータント達よ。

ハル・ベリーの久々の出演作ということもあってわたしハル・ベリーばかり観てた、相変わらずきれいです。このシリーズではセクシーショットがないのが残念だけど・・・。

SFアクション映画としては充分楽しめるレベル。最近の流行なのか、長いエンドロールのあとには重要なシーンが・・・、慌てて帰らないように注意が必要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

龍門 大宮店

昨日は、レイトショーを観ようと夕方からひとりでお出かけ、映画に行く前に門 大宮店(リンクなし)で夕食。大宮高辻上ル西側にある四川料理のお店。本店が東山三条にある。

060909ryumonomiya

メニューを見るとどれもおいしそうで、選ぶのにずいぶんと迷った。ひとりではあれやこれやと食べれるわけがない。で、鶏肉の甘酢700円を注文してビールを飲みながらいただいたのだが、たいへん美味しかった。

ネットで美味しいと評判のお店の支店。映画館に行く途中にあるのでこちらの店をチョイス。ひとりでは少ししか食べられないので、次回は家族で来ていろいろと食べてみたいと思ったよ。

味はいいのだが、カウンターや床がなんかベトベトしてるのが気になった。掃除をしっかりとお願いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

『フォー・ディア・ライフ』(柴田よしき)

柴田よしきの『フォー・ディア・ライフ』を読んだ。主人公が探偵なのでこれこそまさに探偵小説だ。

フォー・ディア・ライフ Book フォー・ディア・ライフ

著者:柴田 よしき
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

主人公は元刑事で、今は新宿にある無認可保育園の園長先生。だが、慢性的に資金不足にある園の運営資金を稼ぐために、裏で体をはった探偵稼業もしている。そんな彼のところへ大きな金額の依頼がやってきて・・・というお話し。

保育園の園長が、園の経営のために探偵をやってるという設定がおもしろい。物語のテンポもよくて一気に読める。いろんな事件が降りかかってくるなか、主人公の生き方はまさにタイトルどおり「フォー・ディア・ライフ」で、充分におもしろい。ちょっと人間関係が複雑になりすぎてるのが残念だが・・・。

探偵小説として充分楽しめる作品。個人的には、この作品中一番印象的な人物の「奈美先生」をもう少し物語に絡ませてほしかったなぁという気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

免許証更新と交通安全協会

本日はちょいとお出かけ、誕生日が近づいてきたので運転免許の更新のため運転免許試験センターまで。

今回の申請でいつもと違うと感じたのは、申請窓口で交通安全協会への協会費を求められなかったことだ。おかげで「そんなもん払うわけないやろが、ボケッ!」と窓口のババアに悪態をつかずともすんだわけだ。さすがに、任意にも関わらずさもそれがドライバーの義務かのように協会費を集めることが問題視されてるためか、別窓口での徴収というかたちになっていた。

どれくらいの方が、「協会費」という名目の、しかし実態は「交通安全協会の天下り役人の高額退職金になるための寄付」を払われてるのかと観察してみると、意外にも少なかった。やはり同一窓口じゃないと徴収率も悪そうだ。それでも何を勘違いしたのか払ってる方もおられるんですねぇ。だいたい女性のほうが多いようだ。そんなところへ払うくらいなら、コンビニのカウンターの募金箱に入れてあげてください。よっぽどましな遣い方をしてくれます、マジで。

よく「協会費を払わないと更新のお知らせはがきが来ない」などという人がいるが完全な勘違い(うちの嫁もそうだが、けっこういるんだよなぁ)。私なんて、免許取得時こそ騙されて払ってしまったもののそれ以降は払ったことはないが、毎回ちゃんと届きます。だってはがきを送ってくるのは交通安全協会じゃなくて公安委員会なんだから(事務作業は交通安全協会みたいだが)。そもそもはがきなんてなくったって、有効期限が近づいたら自分で更新に行けばいいだけの話でしょ。

だいたい、免許更新事務や教則本、駐車違反のレッカー移動など、交通行政の利権を一手に握っておきながら、詐欺まがいの行為でドライバーから金を巻き上げようという根性が気に食わん。本来国庫に入るべき金が天下り役人の高額退職金に消えてるのがこの交通安全協会なのだ。こういう組織が請け負ってる業務こそ民間委託すべきで、こういった組織はなくすべきなのだ。

谷垣っていう、消費税増税って騒いでる眼鏡のボケ大臣もいるが、こういう利権と天下りのための組織をなくしてから言えってんだよ!

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年9月 6日 (水)

煙草が恋しくて・・・

禁煙をはじめてからひと月と3週間くらいがたった。状況は大きく変わってないのだが、ここのところ煙草を吸いたいと思うことが多くなってきた。これまではほとんどそんなことはなかったんだけど・・・。

ここで煙草を買いに走ったら元の木阿弥だという気持ちと、吸ってすっきりして明日からまた禁煙すればいいという気持ちとがせめぎあっている。せっかくここまで続けてきたのにここで吸っちゃうのはもったいないし、一度吸うとズルズルと吸い続けるんだろうな、そう思ってガマンしてる(もらい煙草はOKだ)。

そのせいか、朝晩は涼しくなってきたっていうのにビールの消費量はまだまだ増え続けてる。なんか口寂しいんだよねぇ、夜には煙草のかわりみたいにガブガブ飲んでるよ。これじゃニコチン中毒から解放されてもアルコール中毒になるんじゃないかと頭を抱える毎日だ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月 5日 (火)

IPO ミクシィ

昨日の急騰を受けて今日は売られるかと思ったけど、特別な材料はないにもかかわらず日経平均が堅調。これはけっこう強いのかも、昨年みたいな上げ相場がくるのかね?

持ち株は昨日以上に強く、大きく上げてきた。特に昨日買った銘柄が急騰で、昨日の取引は正解だったかも・・・。

さて、話題の新規上場予定のミクシィ(2121)だが、IPOにあまり興味のない私でもさすがに注目、Eトレに申し込みした。話題のIPOなので私も乾坤一擲の申し込み(大げさな)、たまりにたまったIPOチャレンジポイント59pを全部ぶち込んだ。

で結果。先ほどEトレに結果を見にいくと、IPOチャレンジポイントが0pのまま。「当選か?」と期待してみると、なんと補欠当選。まぁ事実上のはずれだな、がっくり。なにかの間違いで購入意思表示を忘れる人がたくさん発生してくれると嬉しいのだが・・・。あまり期待せずに、でもちょっとだけ期待して11日を待つことにする。どう考えても無理だと思うのだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

「たけうち破産」の余波

本日は日経平均が大幅高。先週末のNYやシカゴ先物である程度は高く始まると思ってたんだけど、ここまでとは・・・。

持ち株も堅調だったけど指数ほどの上昇はない。先週売建したキヤノン(7751)が大幅高で ○| ̄|_ もちろん現渡し。またまた早売り炸裂、まぁいつものことなんで気にしないで別銘柄を購入したところ、こちらも大幅高でちょっと嬉しい1日だった。

金曜日に「たけうち破産」で書いた市田(8019)ツカモト(8025)は織込み済だったのか、それとも貸し倒れ金額が確定していないからなのか、あまり株価に変動なし。ていうか市田(8019)なんて上げてるし、なんでだ?とりあえず空売りしなくてよかったよ。

金曜日の時点でリリースがなかったウライ(2658)の債権額については、金曜日のエントリィにおせっかいさんからもコメントをいただいたが、10億強のようだ(リリースはこちら)。金額も大きいが、この程度のことをリリースするのに土曜日までかかったってことが、ドタバタ振りを表してるような気が・・・。さすがにウライ(2658)の株価は大きく下がってたな。

で、今日の本題の“「たけうち破産」の余波”なのだが、連鎖倒産だとかそういった話ではなく、当ブログへの影響って意味だ(かぎかっこの意味を考えてネ)。実は金曜日にこのエントリィをアップしてからこのブログへのアクセスが急増で、通常の6~7倍程度のアクセスがあってびっくり。今でもまだまだアクセスが増えているようで16時現在で昨日のアクセス数と同じくらいある。正直ネタに困って気になったニュースから取り上げただけなんだけど、わざわざyahooから検索してこられる方の数の多さに驚いている。そんなに注目されるほどのニュースかな?

おそらく検索してお越しいただいた方にとっては、つまらない、期待はずれのエントリィだったことだろう。わざわざ検索してまで覗いていただいた方には、内容のないはなしで申し訳なく思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月 3日 (日)

桐生MB記念 中村有裕

本日は桐生MB記念の優勝戦で、中村有裕(4012)がSG初優出ながらインをとりきって見事なイン逃げでSG初優勝を飾った(結果はこちら)。

実は私、この中村有裕(4012)をデビュー時から注目してた。実際にデビュー時期待されてた選手で、デビュー期にはB1級の斡旋を受けていたはず。ずっと注目してた選手がSGをとったのだからなんとも感慨深いものがある。デビュー間もないときにKBS京都(京都のローカルTV局)の番組に出て馬鹿をやってたあどけない選手が、いまや精悍な顔つきのSGレーサーだ。

また、私が競艇をみるようになってから滋賀支部の選手がSGを勝つのも初めて。山田豊守田俊介でもいまだに取れてないSGをあっさりツモったのだからたいしたものだ。これで名実ともにびわこを代表するレーサーなった。舟券ははずれたがとても印象に残るSGだった。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月 1日 (金)

たけうち破産

今日はネタがないのでニュースから軽く・・・。

呉服販売チェーンの「たけうち」グループが破産申請した(詳細は京都新聞毎日新聞から)。少し前に『日経ビジネス』にヨイショ記事が載ってたけど、あの記事はなんだったのだろうか・・・、かなり恥ずかしいな日経BP社。

たけうち自身は非上場だが、影響を受けそうな会社がいくつか。ちょっと思いつくだけでもツカモト(8025)市田(8019)ウライ(2658)あたりか。本日引け後にツカモトと市田は債権取立て不能のおそれについてIR発表あり(ツカモトはこちら、市田はこちら)。ウライは現時点ではみつからない。これらのリリースを見ると、ツカモトが5億くらい、市田が4億くらいの債権がある。2ちゃんねるなんかだとウライはもっと多いといわれてる。

そもそもこの業界は斜陽産業で、各社とも予想される利益規模はかなり小さく、上記程度の貸し倒れでも影響はかなり大きい。場合によっては当期赤字に転落ってこともあるかもしれない。そのわりには、ツカモト(8025)市田(8019)の今日の株価はあまり下がってない(ウライ(2658)はちょっと下がってるけど)。このなかで貸借銘柄は市田(8019)だけ(だったはず)。市田(8019)を思いっきり空売りしておけばよかったと思う今日の引け後であった。

追記 今回のたけうちの破産は非上場の呉服問屋にかなり影響があるんだろうな。規模が大きいだけに連鎖倒産もあるだろうし、またまた室町界隈の雰囲気が変わってしまうのか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »