« 『黒い家』(貴志祐介) | トップページ | お父さんはたいへん »

2006年6月 1日 (木)

万座温泉 万座温泉ホテル

前に志賀高原で熊の湯ホテルに泊まった話しを書いたが、その翌日は群馬県に入って万座温泉へ。万座温泉ホテルに泊まった。HPの平日限定激安プランで、大人1泊2食付六千円ちょいだった。

浴場はメインの長寿の湯、湯元日進館、展望露天風呂と3ヶ所あり、それぞれの移動には服(浴衣)を着る必要がある。いずれの浴場も木をふんだんに使ったつくりでいい雰囲気。長寿の湯はけっこう広く、いくつもの浴槽があるメインの浴場。展望露天風呂は開放感がある。ただまわりが山なので夜は真っ暗だと思う。湯元日進館は趣ある建物でひなびた“湯治場”の雰囲気が漂う。

お湯は乳白濁で硫黄臭がある。掛け流しとのことだが、見た目の割にはなんとなく薄い感じ、加水されてるかも。

宿泊はゆけむり荘という建物で、古くて狭い部屋(バス・トイレなし)。あまりいい部屋ではないが激安なのでしょうがない。建物の廊下は迷路のようなつくりで迷子になってもおかしくないほど。夕食は料金の割には悪くなかった。なぜか夜にはロビーでオーナーのライブが始まり、女性客とデュエットなどが・・・(詳しくは上記ホテルのHPで)。勘弁してほしいぞ、まったく。

日帰り入浴もできるようで、タオル付で1,000円。設備については憶えてない。

とてもいいお湯だったが、前日の熊の湯ホテル、前々日のおぶせ温泉と比べるとちょっとインパクトが弱い。低価格で温泉三昧できるのは嬉しいが・・・。

2005年5月10日入湯

|

« 『黒い家』(貴志祐介) | トップページ | お父さんはたいへん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 万座温泉 万座温泉ホテル:

« 『黒い家』(貴志祐介) | トップページ | お父さんはたいへん »