« もやい茶屋 | トップページ | 風邪か? »

2006年5月 8日 (月)

白雲谷温泉 ゆぴか

5月6日(土)

日生を出て家に向かう途中に兵庫県小野市で寄り道、白雲谷温泉 ゆぴかで入浴。加古川から西に入った山の中にある日帰り入浴施設。屋外には無料の足湯がある。GW中ということもあってか、かなり混雑していた。

060506yupika 浴場は水辺の湯と森の湯があり、週ごとに男女が入れ替わる。この日は水辺の湯が男湯。

脱衣所はせまくロッカーも少ない、混雑してたのでかなりたいへんだった。内湯浴場は壁が板張りで雰囲気はとてもよいが浴場は中途半端なサイズで、ゆっくり浸かるというわけにはいかなかった。露天スペースは2箇所に分かれていて、一方は内湯から出てすぐに露天風呂、もう一方は内湯から出て階段を降りたところに寝湯とジェットバスがある。露天風呂からはすぐ横の池が望める。

お湯は源泉浴槽を除いて無色・透明・無味・無臭(塩素臭あり)でまったく特徴がない。大人3人でいっぱいになる源泉浴槽は、他の浴槽よりも明らかに濃い印象で、舐めると苦味と塩味がある。湯から出るとなんとなく肌に絡みつく感じ。よくあたたまるお湯で湯上り後もなかなか汗が引かない。

源泉浴槽以外は45%の加水・加温・循環・ろ過あり、源泉浴槽は鉄・マンガンを除去後加温して掛け流し。

大人600円、靴箱はコイン不要で、受付で靴箱のキーを預けて脱衣ロッカーのキーを受け取る仕組み。シャンプー・ソープ・ドライヤー有り、タオル有料。湯上りの休憩スペースは広く、休憩スペースで休んだあとの再入浴は不可になってるけど入ってもわからんと思う。

源泉浴槽のお湯は悪くないものの、それ以外は全部ダメ。だいたい湯量豊富なくせに45%の加水ってなんだよ。源泉浴槽も狭いし、一部の成分を除去してるし・・・。浴場にしても脱衣所にしても全体のつくりが中途半端で、ゆっくり入っていられない感じ。お風呂以外の余計なスペースはけっこう広いので、その分をお風呂や脱衣所のスペースにまわせばよかったのに・・・。まぁわざわざ行くほどではなかったな。

ところで、ここの脱衣所では湯上り後体を拭かずに脱衣ロッカーまでやってくる人が何人も・・・。床がびしゃびしゃになるじゃないの。マナーとか常識とかそういうものが欠如してる人が多いよね。なんとかならんのかね。

|

« もやい茶屋 | トップページ | 風邪か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白雲谷温泉 ゆぴか:

« もやい茶屋 | トップページ | 風邪か? »