« 一進一退 | トップページ | 大幅安だが・・・ »

2006年5月11日 (木)

本屋に行かなくなった

ときどきのぞいてみるサイトにWEB本の雑誌がある。そのなかに、啓文社という書店の社員さんが書かれている「尾道坂道書店事件簿」というエッセイがあり、いつも更新を楽しみにしている。書店経営の裏側・苦労話などとても興味深い話題が満載で、楽しく読めるエッセイだ。啓文社は私の実家がある地域に展開している書店で、高校生まではよく利用していたので、懐かしく感じながら読んでいる。

最近この「尾道坂書店事件簿」を読みながら感じるのは、「すっかり本屋に行かなくなった」ってことだ。

本を読むことが好きな私は、当然のように本屋が好きだった。大きい本屋に行けば1時間や2時間はすぐにつぶれてしまうほど書棚を見て回ったものだ。見て回って衝動買いをする。街に出れば必ず大きい本屋をのぞいてから帰っていた。

そんな私が本屋に行かなくなったのはいつからだろうか。少なくともここ4・5年は、ショッピングセンターで買い物をするときにテナントの書店をのぞくぐらいで、街の本屋に出かけた記憶はない。

その理由はアマゾンだ。

アマゾンは、今話題のロングテールビジネスの典型例で、その利便性はありがたい。昨今の本屋は雑誌とコミックとガイドブックが品揃えの中心で、文芸書や文庫本の陳列スペースはかなり狭められており、ベストセラーならともかく、マイナー作家の場合新刊さえ置かれていないことも少なくない。マイナー作家の新刊がほしくて十軒くらい回っても見つからなかったという経験すらある。そして仕方なく本屋に注文をすると1ヶ月くらい待たされるのだ。アマゾンはこの不便な流通システムを一変した。ほしい本は必ず探せるし発送時期も明示されているので、足を棒にして歩き回る必要がない。この利便性は感動的ですらあるのだ。

1,500円以上注文すれば送料無料、わざわざ書店に行く必要なんてない。ちょっと寂しい気もするのだが・・・。

|

« 一進一退 | トップページ | 大幅安だが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本屋に行かなくなった:

« 一進一退 | トップページ | 大幅安だが・・・ »