« きみに読む物語 | トップページ | 悪意(東野圭吾) »

2006年4月23日 (日)

イントゥ・ザ・ブルー

お気に入りのジェシカ・アルバが出演の『イントゥ・ザ・ブルー』をDVDで観た。ジェシカを観たくて借りてきたので、ストーリーなんてどうでもいいんだけど・・・。

Into_the_blue1 ジェシカの水着姿を楽しみにしてたんだけど、思ってたよりは少なくて残念。はちきれんばかりの肢体を期待してたのでちょっと期待はずれだ。

バハマでダイバーをする主人公は財宝を積んだ沈没船を海底で発見するが、そのすぐそばに麻薬を積んだまま沈んだ飛行機を見つけたことからトラブルに巻き込まれることに・・・というお話し。

海洋アクションとしてはまずまずだけど、ありがちな安直なストーリーで緊張感に乏しい。海中のアクションはテンポが遅く陸上のアクションシーンが重要なのだが、せっかくのカーチェイスもいまひとつ。だいたい女好きで悪役のベイツが、ジェシカ演ずるサムを捕まえながら何にもせずにあっさり逃げられるなんて・・・。せっかく女好きの設定にしたのに、せめてサムの貞操の危機を演出しないと意味ないじゃん。

そんなわけで、お気楽に楽しめる映画ではあるが緊張感がなく少々退屈だ。劇場まで観に行かなくてよかったよ、ホント。

|

« きみに読む物語 | トップページ | 悪意(東野圭吾) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イントゥ・ザ・ブルー:

« きみに読む物語 | トップページ | 悪意(東野圭吾) »