« 乱高下 | トップページ | 指数は反発だが・・・ »

2006年2月15日 (水)

またまた先物で

日経平均・TOPIXともに反落。

昨日のNYが大きく上昇したのを受けて小高く寄り付き前場はほぼ横ばい。が、先物主導でGDして後場が始まり、そのまま右肩下がりで日経平均は安値引け。外国人がいつまで売っってくるのだろうか?なんか雰囲気が悪いよーな。

本日は売買なし。持ち株は、ダヴィンチA(4314)アセットM(2337)が反落で含み損は200万超。この2銘柄以外はけっこう堅調だったのだが・・・。

そろそろ取引時間を元に戻してほしいぞ、東証!昨日は先物が踏ん張ったが、今日は12時30分からの時差攻撃が復活。この状態が続くと後場まで持ち越すのが怖くなるよ。全体がイケイケのときは問題ないのだが、雰囲気が悪いときは悪循環、疑心暗鬼を生む。システムのキャパに問題があるのなら、後場始まりは元に戻して終了時間を30分早めたらどうかね。少なくとも30分の時差によるGDはなくなる。ホントいーかげんにしてほしいぞ。

|

« 乱高下 | トップページ | 指数は反発だが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またまた先物で:

« 乱高下 | トップページ | 指数は反発だが・・・ »