« 本格的調整? | トップページ | 指数だけ »

2005年12月17日 (土)

鷲羽温泉

3日分の日記をまとめて。

14日 午前中は姉歯氏の証人喚問をTVで観る。途中で切り上げ、サイゼリヤでランチをとる。株主優待券利用。それから実家へ。

15日 葬式に参列。

16日 尾道へ。ガストで昼食。株主優待券利用。なんか最近優待券利用ばっかりだな。

051216onomichi_1

で先月生まれたばかりの姪っ子の顔を見るため妹の家へ。やっぱり生まれてすぐは小さいね。うちの娘もついこの前まではあんなだったのか。覚えてないな。

(写真は尾道水道)

それから向かったのが岡山県倉敷市にある鷲羽温泉 汐騒の湯

瀬戸大橋の本州側の付け根、鷲羽山のふもとにあるホテル備前屋甲子の温泉。

仰々しいお出迎えを受けつつホテルのフロントで600円払ってお風呂へ。 (あのお出迎えはなんとかならんかね、お風呂だけって言い出しにくいぞ)

051216washi 051216seto ここの売りは写真でもわかるとおりその眺望だ。名前のとおりの潮騒をBGMに瀬戸のおだやかな海と島々、行きかう船を見ながらの温泉は最高の贅沢だ。(男湯露天からは写真のように瀬戸大橋も望める)

もう少し遅い時間なら、瀬戸内海に沈む夕陽を眺めるという最高のシチュエーションを楽しめたはず。

でお湯の方はというと無色透明で全く特徴なし。さらに循環・塩素消毒。お湯には期待しないほうがいい、というか塩素臭プンプン。今日になっても臭いが抜けないぞまったく。

鍵つきロッカーあり(9つだけ)、シャンプー・ボディソープ・ドライヤーあり、タオルなし。

眺望のいい銭湯だと思えば600円は高くはない。天気の良い日の夕方、倉敷観光の帰りに寄るにはいいかな。ただ塩素くさいのは何とかしてほしい。学校のプールよりひどいぞ、まじで。

|

« 本格的調整? | トップページ | 指数だけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鷲羽温泉:

« 本格的調整? | トップページ | 指数だけ »